2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

2018年7月 7日 (土)

川久保賜紀&小菅優 デュオ・リサイタル(2018/7/7)

川久保賜紀さんのヴァイオリンを聴きにフィリアホールへ。今までは渋谷経由で青葉台に行っていたのですが、本日は大井町経由で行ってみました。
川久保さんのヴァイオリンはさわやかな音色で、ブラームスを堪能しました。特に休憩後の3番が良かったですね。アンコールは2曲、シューマンそしてブラームス、しびれました

2018年7月7日(土) 17:00
フィリアホール
ヴァイオリン:川久保賜紀
ピアノ:小菅優

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番

アンコール
シューマン:3つのロマンスより第2番op.94-2
ブラームス(ヨアヒム編):ハンガリー舞曲第5番

0111

2018年6月17日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.378(2018/6/17)

都響のプロムナードを聴きにサントリーホールに行ってきました。先月は、のどの具合が良くなくて、せきが止まらずやむなく欠席しました。
今日のプログラムは、チャイコフスキーとカリンニコフ、ロシアの名旋律というものでした。ソリストの藤田さんは、かなり若いピアニストでしたが、透きとおった音色のすばらしい演奏でした。休憩後のカリンニコフ、以前に山形交響楽団の演奏で2番を聴いたことがあるのですが、1番は初めてです。1番のほうが親しみやすい気がしました。本日のコンサート、なんだかパワーをもらった感じで、溜池山王の駅までの足取りが軽やかになりました。

2018年6月17日(日) 14:00
サントリーホール
オレグ・カエターニ指揮
東京都交響楽団
ピアノ:藤田真央

チャイコフスキー:歌劇『エフゲニー・オネーギン』より「ポロネーズ」
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

ソリスト・アンコール
ショパン:マズルカ 63-3

カリンニコフ:交響曲第1番

Img_0108

2018年5月17日 (木)

正戸里佳 ヴァイオリン・リサイタル(2018/5/17)

まちにまった正戸さんのリサイタルです。かつてブログで「若手ヴァイオリニストの中で、もしかしたら彼女がNo.1かもしれません。」と感じたままをつぶやいたのですが、あれから8年、またリサイタルを聴くことができました。やっぱり彼女はNo.1でした。前半のラヴェルで大いに盛り上がり、後半はめずらしいブーランジェを聴かせてくれました。アンコールはしっとりと2曲も演奏していただきました。終演後は発売になったデビューアルバムにお二人のサインをいただきました。

2018年5月17日(木) 19:00
東京文化会館 小ホール
ヴァイオリン:正戸里佳
ピアノ:菅野潤

ドビュッシー:星の夜
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ
ミヨー:春
ラヴェル:フォーレの名による子守唄
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ
リリ・ブーランジェ:ノクターン
リリ・ブーランジェ:コルテージュ
プーランク:平和のためにお祈りください
プーランク:ヴァイオリン・ソナタ

アンコール
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
プーランク:愛の小径
Img_0101

2018年3月31日 (土)

都響スペシャル(2018/3/31)

インバルの都響スペシャルを聴きに川崎へ。未完成も良かったですが、休憩後の悲愴がすばらしい演奏でした。3楽章が終わって拍手とブラボーが出てましたが、仕方がないですね。4楽章は、うねるような名演でした。

2018年3月31日(土) 14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団

シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D759《未完成》
チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74《悲愴》

2018年3月17日 (土)

CDP-9購入

NuPrimeのCDP-9を購入しました。CDつきのDACということでしたが、小さくて軽い筐体です。出てくるサウンドは、なかなかのものです。MacBook Proとの接続もすんなりいきました。人気がないようですが、お勧めかもしれません。Cdp9

2018年2月11日 (日)

東北モーターショー

仙台の東北モーターショーに行ってきました。
Dsc00526魁コンセプトのクレイモデル!次期アクセラ、なかなか渋いですね。

Dsc00564RX-VISION、これはかっこいいですね。

2018年2月10日 (土)

都響 プロムナード コンサート No.376(2018/2/10)

都響のプロムナードを聴いてきました。1曲目のフィンガルの洞窟、とても良かったです。ドヴォルザークのチェロ協奏曲は、ソリストの音が美音でずっと聴いていたいと思わせる見事な演奏でした。アンコールのバッハも良かったです。

松坂が入団してドラゴンズ注目されていますね。とにかく勝利してほしいです。

2018年2月10日(金) 14:00
サントリーホール
準・メルクル指揮
東京都交響楽団
チェロ:エドガー・モロー
メンデルスゾーン:序曲《フィンガルの洞窟》
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

ソリスト・アンコール
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 サラバンド

シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 op.97《ライン》

2018年1月 3日 (水)

《響の森》vol.41 ニューイヤーコンサート 2018(2018/1/3)

神尾真由子さんのチャイコフスキーを聴きに上野の文化会館へ。チケットは完売ということでとても混んでいました。鮮やかなドレスで登場した神尾さん、とっても大人になっていました。かつてのジェットコースターのような感じから風格を感じさせる安定した演奏でした。
休憩中にちらしから正戸里佳さんのリサイタル情報を発見、大急ぎで購入しました。5月17日の文化会館小ホールです。いまからとても楽しみです。

2018年1月3日(水) 15:00
東京文化会館
藤岡幸夫指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:神尾真由子

J.シュトラウス2世:ワルツ《南国のバラ》
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲《展覧会の絵》

アンコール
J.シュトラウス2世:観光列車

2018年1月 1日 (月)

新年に四季を聴く

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

今朝は早起きしてアクセラで日の出を迎えました。とても冷え込んでいたため、シートとステアリングのヒーターがとても役立ちました。

さて一年のスタートは今年も四季からです。今回聴くのはイ・ムジチのCDです。アーヨのCDが有名ですが、フィリップスの録音ということでディスクユニオンで購入してきました。
初期のデジタル録音ですが、伸びやかなヴァイオリンの音がとても素敵でした。
今夜はテレ朝で相棒ですね。なんだかんだと見てしまいます。

Img_00101

2017年12月31日 (日)

2017年購入したボックス

今年は、絞りました。

ピエール・フルニエ DG、デッカ、フィリップス録音全集
00001


アマデウス四重奏団 DG録音全集
00002_2


ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団 デッカ録音全集
00003

CDを購入するペースも一時に比べてだいぶ落ち着いてきました。上記ボックスは冬休みにたっぷり聴こうと思っています。
最後になりましたが、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、よいお年をお迎えください。

«観光列車