2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

最近のトラックバック

新年に四季を聴く

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。一年のスタートは今年も四季からです。今回聴くのはクイケンのCDです。昨年のカラヤンの重厚な演奏とは違って、軽やかな演奏です。録音も良いですね。さて来週からNHKのBSで刑事フォイルが始まります。今からとても楽しみです。
1000

2016年購入したボックス

今年もたくさんのボックスを購入してしまいました。


レイボヴィッツの芸術

001

ラドゥ・ルプー/デッカ録音全集
002

フレデリカ・フォン・シュターデ/CBSコロンビア&RCAアルバム全集
003

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ/DG録音全集

004

ギドン・クレーメル DG&フィリップス協奏曲録音全集

005

モーリス・ジャンドロンの芸術~1946-1969年録音集

006

ダヴィド・オイストラフ DG、デッカ、フィリップス、ウェストミンスター録音全集

007

まだ聴きこんでいませんが、シュターデのボックスが特にお気に入りです。
最後になりましたが、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、よいお年をお迎えください。

2016年買ったもの

今年もあとわずか、いろいろなものを買ってしまいました。2001オーディオ機器ではありませんが、ペンタックスのK-1です。満足度が高いカメラです。

2002iPhone7 plusを購入したため、従来のイヤホンが使えなくなってしまい、HA-2SEを衝動買いしてしまいました。無印のHPS‐MJ11が化けました。これも満足度が高いです。

2003
そうはいっても旅行の時とかにアンプを持っていくのは不便ということで、nuforceのBE6iも追加購入、ワイヤレスは便利ですね。

LX-380 & D-380 聴いてきました

秋葉原のダイナミックオーディオさんで、ラックスマンの新製品を聴いてきました。CDやLPなどたくさんの音源を聴かせていただきましたが、今度のラックスマンの新製品、とっても良いです。比較試聴ではないのですが、以前聴いたL-550AXIIよりも雰囲気がありますね。D-380もいい音(サウンドでなく)でした。D-380はちょっと欲しくなってしまいました。

0043

CHANEL Pygmalion Days 城戸かれん(2016/11/19)

城戸かれんさんのヴァイオリンを聴きに銀座のシャネルに行ってきました。少し早く着いたので、サウンドクリエイト レガートでBrodmannを聴いてみました。生活に溶け込むようなサウンドが印象的でした。サウンドクリエイト レガートは居心地がとてもよいショップですね。
城戸かれんさん、むずかしい曲を見事に演奏してくれました。いつかレスピーギを聴いてみたいです。

2016年11月19日(土) 17:00
CHANEL NEXUS HALL
ヴァイオリン:城戸かれん
ピアノ:阪田知樹

グラナドス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1楽章
カプースチン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」より行進曲
グルック:精霊の踊り
パガニーニ:「こんなに胸騒ぎが」による変奏曲

アンコール
ポンセ:エストレリータ

都響 プロムナード コンサート No.371(2016/11/3)

はやいものでもう11月になってしまいました。本日の都響のプロムナードは小泉さんの都響デビュー40周年を記念したコンサートでした。1曲目のレ・プレリュードから熱気が伝わってきます。ピアノ協奏曲のソリストは反田恭平さん、ガトーのような髪型で登場しました。とてもゴージャスな響きです。いつかチャイコフスキーを聴いてみたいです。おしまいの交響曲は、この時期心に染み入ります。このところロストロポーヴィチ&ロンドン・フィルの全集やカラヤンの70年代にEMIで録音したもの(ラヴェルやドヴォルザークなどとのボックス)を立て続けに購入してしまいました。

2016年11月3日(木) 14:00
サントリーホール
小泉和裕指揮
東京都交響楽団
ピアノ:反田恭平

リスト:交響詩《レ・プレリュード》
リスト:ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー:交響曲第4番

SA-10 聴いてきました

日本シリーズ、広島が札幌で一つも勝てなかったのが痛かったですね。全体的には楽しめたシリーズでした。さて秋も深まりオーディオの季節ですが、秋葉原のダイナミックオーディオさんでSA-10を聴いてきました。SA-11S3との比較ではなかったのですが、ち密なサウンドが印象に残りました。初期ロットは完売でいまからオーダーしても12月とのことでした。実はマランツのプレイヤーですが、以前SA-11S2やSA-11S3、SA-14S1で試したのですが、ミュンヒンガーのフーガの技法と音楽の捧げものの2枚組のCDのうちの1枚目だったか2枚目のどちらかが読み取りできませんでした。そのためラックスマンのD-06に乗り換えたのでした。はたしてSA-10はどうかというと、帰りにヨドバシで試したところ、無事読み取ることができました。SA-10大いに気になる存在でしたが、あとひとつ決め手に欠けるところがあり、かわりに新型がリリースされて値段が下がったMacBook Proを購入してしまいました。14年ぶりのMac購入でした。

Img_0017

フレッシュ名曲コンサート 藤岡幸夫×東京都交響楽団(2016/10/10)

いつの間にか10月になってしまいました。毎年この時期は、高橋の手帳を買うのが恒例です。来年の予定をあーでもないこーでもないと考えるのが、結構楽しいのです。そんな10月ですが、都響がフレッシュ名曲コンサートに出るというので、聴いてきました。ソリストは坪井夏美です。坪井さんを聴くのは初めてでしたが、チャイコフスキー良かったですね。だんだんと盛り上げていって、最終楽章がひときわ輝いておりました。休憩後の田園も、都響ならではの演奏を楽しめました。

2016年10月10日(月) 15:00
江戸川区総合文化センター 大ホール
藤岡幸夫指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:坪井夏美

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 op.68《田園》

アンコール
エルガー:夕べの歌

都響 プロムナード コンサート No.370(2016/9/25)

都響のプロムナードコンサートに行ってきました。本日のプログラムは、すべてモーツァルトで前半に交響曲29番と2台のピアノのための協奏曲、後半がピアノ協奏曲第23番という構成でした。都響はマーラーやブルックナーの大曲もすばらしいのですが、モーツァルトも良いです。レヴィンさんの指揮ぶりも曲にあっていて、心温まるコンサートでした。

2016年9月25日(日) 14:00
サントリーホール
ロバート・レヴィン指揮とピアノ
東京都交響楽団
ピアノ:ヤーフェイ・チャン *

モーツァルト:交響曲第29番
モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 *
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番

インバル80歳記念/都響デビュー25周年記念(2016/9/10)

今年から始まった午後の2時からの都響のC定期、土日だけなら会員になったのだけれど、平日があるため会員になりませんでした。しかし、今日のプログラムは何としても聴こうと思っていました。プログラムはエルガーのチェロ協奏曲とシューベルトのグレート、チェロはターニャ・テツラフ、指揮はインバルです。
1曲目のエルガーは、ソリストの音量もたっぷりですばらしい演奏でした。アンコールのバッハも見事でした。休憩後のグレート、出だしからすばらしい演奏です。管も弦も、みなさんすばらしいです。今日の演奏はNHKが収録していたようで、後日FMで放送するようです。こちらも楽しみですね。

2016年9月10日(土) 14:00
東京芸術劇場
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
チェロ:ターニャ・テツラフ

エルガー:チェロ協奏曲

ソリストアンコール
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV 1009よりサラバンド

シューベルト:交響曲第8番《ザ・グレート》

08

«小笠原プロ初勝利!