2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

吉田恭子&フレンズ「ふれあいコンサート」(2007/7/28)

神奈川県立音楽堂にて、「ふれあいコンサート」に行ってきました。
とても暑い日で、音楽堂の近くでは、みんみん蝉が鳴いていました。
第204回を数える「ふれあいコンサート」は、音楽の宅急便!とのことで、演奏者自らの曲目解説(しゃべりもうまい!)や観客が参加するボディパーカッションもあり、とても楽しいコンサートでした。

2007年7月28日(土) 14:00
神奈川県立音楽堂
ヴァイオリン:吉田恭子
チェロ:渡部玄一
ピアノ:白石光隆

エルガー:愛のあいさつ
フォーレ:舟歌
ラフマニノフ;祈り
カサド:親愛なる言葉
コール・ポーター:私の気持ちはダディのもの
ピアソラ:ブエノスアイレスの春
ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番

アンコール
ルロイ・アンダーソン:ワルツィング・キャット
ワーク:大きな古時計

3人の息の合った演奏は、時間が過ぎてしまうのを忘れてしまうほどでした。ブラームスも青春の息吹をちりばめた名演奏でした。
この演奏会は全国各地を回っているようなのですが、2,000円は安いです。近くに来た時は、ぜひ聴きに行ってみてください。
コンサート終了後は、サイン会があり「祈り」と「ふれあいトリオCD vol.1」にサインをしてもらいました。

音楽って、すばらしいですね。

20070728

2007年7月16日 (月)

ひさびさのコンサート(2007/7/16)

コンサートに行くのは、1991年の内田光子のサントリーホールでのモーツァルト以来。

なんだか、むしょうにクラシックのコンサートに行きたくなって、何のコンサートにしようかと思い、散々迷った末に出した答えが、思い出のベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。

中学生のときに、はじめてコンサートに行って聴いたのが、シェリングのこの曲です。

今日は、諏訪内晶子さんのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をはじめとした、オール・ベートーヴェンのコンサートに行ってきました。

2007年7月16日(月) 16:00
東京オペラシティ
パーヴォ・ヤルヴィ指揮
ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽
ヴァイオリン:諏訪内晶子

「プロメテウスの創造物」序曲
ヴァイオリン協奏曲
交響曲第3番

深紫のドレスで登場した、諏訪内晶子さんの協奏曲は、第3楽章が一番すばらしかったです。

やっぱり人気があるのもわかります。秋のチャイコフスキーが今から楽しみです。

交響曲は、すこしヤルヴィさんの指揮が、速いかなと思ったけど、聴いているうちに、ぐいぐい引き込まれました。

アンコールの第8番の第2楽章も、曲の表情がたっぷり。

音楽って、すばらしいですね。

トップページ | 2007年8月 »