2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 松山冴花さんのスペイン交響曲(2008/3/11) | トップページ | 加藤知子&フッソング デュオ・リサイタル(2008/3/16) »

2008年3月15日 (土)

木嶋真優 ヴァイオリン・リサイタル(2008/3/15)

木嶋真優さんのヴァイオリンを聴きに、越谷に行ってきました。レッズの試合が埼玉スタジアム2002で開催されており、武蔵野線はレッズのサポーターでいっぱいでした。今日は春の陽気で、とても音楽日和でした。今日のコンサートは、先日発売されたアルバムから3曲(ヴィターリ、ファリャ、チャイコフスキー)とレスピーギやシュトラウスのソナタとラヴェルが演奏されました。前半は、ヴィターリやレスピーギも良かったのですが、ファリャが目の覚めるような、すばらしい演奏でした。休憩後、後半のプログラムを演奏する前に、観客からの質問に答えるコーナーがあり、演奏してみたい協奏曲としてエルガーやコンコルドをあげていました。木嶋さんは、9月に留学先のドイツから日本へ帰国してチャイコフスキーの協奏曲を演奏するようです。また、今日の楽器は「ロッカ」という楽器だそうです。後半はシュトラウスのすばらしいソナタで始まったのですが、チャイコフスキーとラヴェルが特に良かったです。ヴァイオリンの音量も一段と増して、ホールに響き渡りました。ツィガーヌは、かなり弾き込んでいるらしく、年齢を感じさせない名演だったと思います。ピアノの江口さんも、きれいな音を出していました。公演後にはサイン会があり、アルバムにサインをいただきました。早速聴いたところ、演奏はもちろんのこと、録音もなかなか良かったです。

2008年3月15日(土) 14:00
サンシティホール 小ホール
ヴァイオリン:木嶋真優
ピアノ:江口玲

ヴィターリ:シャコンヌ
レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ
ファリャ:歌劇≪はかない人生≫より"スペイン舞曲"
R・シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
チャイコフスキー:憂うつなセレナード
ラヴェル:ツィガーヌ

アンコール
モンティ:チャルダッシュ

写真は、本日から開業の武蔵野線の新駅「越谷レイクタウン」のホームです。
20080315

« 松山冴花さんのスペイン交響曲(2008/3/11) | トップページ | 加藤知子&フッソング デュオ・リサイタル(2008/3/16) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/40510586

この記事へのトラックバック一覧です: 木嶋真優 ヴァイオリン・リサイタル(2008/3/15):

« 松山冴花さんのスペイン交響曲(2008/3/11) | トップページ | 加藤知子&フッソング デュオ・リサイタル(2008/3/16) »