2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 新日本フィル・第429回定期演奏会(2008/4/12) | トップページ | 都響スペシャル~エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演(2008/4/29) »

2008年4月26日 (土)

東京交響楽団・東京オペラシティシリーズ 第43回(2008/4/26)

イダ・ヘンデルさんのベートーヴェンの協奏曲を聴きにオペラシティに行ってきました。指揮は、シャン・ジャン(張弦)さんという若手の女流指揮者で、今回が初来日です。そのシャン・ジャンさんは、ただものではないです。すばらしい集中力でレオノーレを指揮しました。(遅刻してきたお客さん、もったいなかったですよ。)またシューマンでも、その集中力は衰えず、東京交響楽団も反応の良い演奏で応えて、すばらしい演奏を聴かせてくれました。シャン・ジャンさんと東京交響楽団は、相性がよいのでしょう。ベートーヴェンの7番を聴いてみたくなりました。
奥田佳道氏のバイオリンおもしろ雑学辞典によると、イダ・ヘンデルさんは1928年生まれで7歳の時に第1回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで入賞したとあります。ちなみに、このときの1位と2位は有名なジネット・ヌヴーとダヴィッド・オイストラフだそうです。そんなイダ・ヘンデルさんはピンクの衣装で登場し、とても輝いていました。演奏は、とても気高いベートーヴェンでした。アンコールでは、妙技で観客を楽しませてくれました。この日のコンサートは、いろいろな意味で語り草になるのではないでしょうか。

2008年4月26日(土) 18:00
東京オペラシティ
シャン・ジャン指揮
東京交響楽団
ヴァイオリン:イダ・ヘンデル

ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
シューマン:交響曲第4番
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
チャイコフスキー:≪白鳥の湖≫より"ロシアの踊り"(イダ・ヘンデル編)

« 新日本フィル・第429回定期演奏会(2008/4/12) | トップページ | 都響スペシャル~エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演(2008/4/29) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/41004733

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団・東京オペラシティシリーズ 第43回(2008/4/26):

« 新日本フィル・第429回定期演奏会(2008/4/12) | トップページ | 都響スペシャル~エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演(2008/4/29) »