2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 東京交響楽団 川崎名曲全集 第37回(2008/5/25) | トップページ | 長尾春花 ヴァイオリン・リサイタル(2008/5/30) »

2008年5月27日 (火)

エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団(2008/5/27)

五嶋みどりさんのブリテンを聴きにサントリーホールに行ってきました。カレンダーを2枚めくったようなとても暑い日でしたが、サントリーホールも熱い演奏会でした。ブリテンのヴァイオリン協奏曲は作曲者自ら指揮をしているCDがすばらしい録音なのでわたしもCDを持っているのですが、正直なところいまひとつなじめませんでした。しかし今日の五嶋みどりさんの演奏を聴いてからはきっと変わるでしょう。みどりさんの演奏はライブとは思えないほど完成度が高く、とくに第2楽章のカデンツァがすばらしかったです。フィラデルフィア管も五嶋みどりさんの気迫が乗り移ったかのように第3楽章は目の覚めるような演奏でした。土曜日のチャイコフスキーは2階席で聴いたのですが、今日はチケットが取りやすく1階席で聴きました。曲の違いや席の違いが理由かもしれませんが、みどりさんのヴァイオリンのソロやオーケストラの音は土曜日よりも断然聴きやすかったです。ガルネリ・デルジェス「エクス・フーベルマン」の底力を思い知らされたブリテンでした。休憩後のシューベルトは、人によってはブラームスぽいと言うかもしれませんが、わたしにとってはすばらしいプレゼントで、ほんとうに行ってよかったと思った演奏会でした。ひょっとしたらわたしのベスト・コンサートかもしれません。会場にはお正月に浜離宮朝日ホールで琴を演奏した沢井比河流さんもお見えになっていました。

2008年5月27日(火) 19:00
サントリーホール
クリストフ・エッシェンバッハ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
ヴァイオリン:五嶋みどり

ブリテン:ヴァイオリン協奏曲
シューベルト:交響曲第9番

アンコール
J・シュトラウスⅡ&ヨゼフ・シュトラウス:ピチカート・ポルカ
J・シュトラウスⅡ:ポルカ「電光と雷鳴」

20080527

« 東京交響楽団 川崎名曲全集 第37回(2008/5/25) | トップページ | 長尾春花 ヴァイオリン・リサイタル(2008/5/30) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/41355769

この記事へのトラックバック一覧です: エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団(2008/5/27):

« 東京交響楽団 川崎名曲全集 第37回(2008/5/25) | トップページ | 長尾春花 ヴァイオリン・リサイタル(2008/5/30) »