2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 新日本フィル・名曲シリーズ<クラシックへの扉>第79回(2008/9/7) | トップページ | 気になるハード(2008/9/16) »

2008年9月13日 (土)

群馬交響楽団クラシックスペシャル(2008/9/13)

松山冴花さんのヴァイオリンを聴きに桐生に行ってきました。松山さんのヴァイオリンは、出だしからすばらしい集中力でした。楽器も良く鳴っていて、7月のサントリーとは別人のようでした。途中で集中力が途切れるようなことがなかったら、もっとすばらしい演奏になったと思います。次回は、10月に千葉でベートーヴェンの協奏曲を聴く予定です。今からとても楽しみです。
「運命の力」と「展覧会の絵」は、鳴りっぷりが良く楽しめました。アンコールはローエングリンを期待しましたが、弦が中心の「カヴァレリア・ルスティカーナ」でした。こちらもなかなか良かったです。このコンサートは値段が2,500円とリーズナブルなのが良いですね。アンケートには、希望の曲としてパガニーニの協奏曲を記入して提出しました。

2008年9月13日(土) 18:30
桐生市市民文化会館
藤岡幸夫指揮
群馬交響楽団
ヴァイオリン:松山冴花

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
ブルッフ:スコットランド幻想曲
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲≪展覧会の絵≫

アンコール
マスカーニ:オペラ『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲

« 新日本フィル・名曲シリーズ<クラシックへの扉>第79回(2008/9/7) | トップページ | 気になるハード(2008/9/16) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/42475283

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬交響楽団クラシックスペシャル(2008/9/13):

« 新日本フィル・名曲シリーズ<クラシックへの扉>第79回(2008/9/7) | トップページ | 気になるハード(2008/9/16) »