2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« SHM-CDがEXTONからも(2008/9/29) | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) »

2008年9月30日 (火)

EMIのHQCD聴いてみました(2008/9/30)

EMIから出ているHQCDシリーズの中から、デュ・プレのエルガー/ディーリアスのチェロ協奏曲を購入しました。この演奏は、いわゆる名演奏で名盤の誉れ高いディスクです。CDプレイヤーとアンプを十分、暖めてから聴いてみました。HQCDでないディスクも持っていたので簡単な聴き比べをしてみたのですが、ずいぶん音が違うので、どうしたものかと思いました。どうやらリマスタリングが違うようです。ですので音の違いが、そのまま盤の違いかそれともリマスタリングの違いかどうかわかりませんでした。わたしの聴いたところでは、HQCD盤のほうがフォーカスがしまってシャープに聴こえました。通常盤は、音がまろやかでとても聴きやすいのですが、HQCDに比べると甘く感じるかもしれません。デュ・プレのドヴォルザークもartのようですので、artを探している方にはHQCDはお勧めかもしれません。

EMI:TOCE-90019(HQCD盤)こちらはartのようです。

EMI:TOCE-14049(通常盤)こちらはokazakiリマスタのようです。


EMIさんにお願いなのですが、ぜひカラヤン/フィルハーモニアの「ばらの騎士」をはじめとするオペラのディスクをHQCDでリリースしてほしいです。

« SHM-CDがEXTONからも(2008/9/29) | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!yuhotoと申します。
私も、HQCD(SHM-CD)やSACDに大変興味を持っています。
ところが、長年使っていたアンプが老化現象を起こして、今は良い音で鳴ってくれません。今は次のアンプの購入のために、財布と相談中です。
話しは変わりますが、〔ケルテス/ウィーンフィルの新世界から〕は、最高ですね!
私はレコードで持っていますが、SACDで発売されたら、聴き比べのため購入したいと思っています。
それでは、また!

yuhotoさん、はじめまして。
アンプは残念ですね。長く使っているとなかなか買い替えも難しいですよね。

新世界のLPお持ちなのですね。
私も初めてケルテス/ウィーン・フィルの新世界を聴いたのは友人のスーパーアナログでした。LPで聴くウィーン・フィルはたまらないですね。

12月にはエソテリックから、この新世界がSACDでリリースされるようですよ。
私はSACDプレイヤー持っていないので聴けないのですが。

コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/42645252

この記事へのトラックバック一覧です: EMIのHQCD聴いてみました(2008/9/30):

« SHM-CDがEXTONからも(2008/9/29) | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) »