2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) | トップページ | 小林美緒 ヴァイオリン・リサイタル(2008/10/7) »

2008年10月 5日 (日)

ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団・川久保賜紀(2008/10/5)

川久保賜紀さんのシベリウスを聴きに栃木県壬生町へ行ってきました。壬生町中央公民館という名前ですが、ちゃんとしたコンサートホールです。座席数は1,000席ほどで、大宮のソニックシティの後ろをカットしたようなホールです。6月に吉田恭子さんのリサイタルを聴いたのですが、ホールの音はかなり良いです。料金もリーズナブルで、本日の公演は5,000円でした。上原彩子さんが出演しないので比較はできませんが、10月4日のみなとみらいに比べてかなり安いと感じました。なお、このホールで12月13日に上原彩子さんのリサイタルが開催されるようです。また来年の1月17日にはヒラリー・ハーンのリサイタルも開催されるようです。

さてコンサートですが、オケのメンバーが入場すると拍手のお出迎えです。これには、着席しようとした団員もびっくりしたようで、全員が入場するまで起立して待ち、その後、一同客席に向かって礼をしてから着席しました。そんなわけで、1曲目から盛り上がりました。ペールギュントでは、特にフルートが良い音を出していました。

とても素敵なドレスで登場した川久保さんは、語りかけるような弾き方でしたが、しっかりとした音が出ていました。第2楽章では、まるで妖精が口笛を吹いているようなメロディです。第3楽章も熱くなりすぎず、美しく、かっこいいシベリウスでした。アンコールでは、仙台に続きバッハを演奏してくれました。今日のシベリウスで新たなファンをつかんだことでしょう。10月29日のサン=サーンスが今から楽しみです。

休憩後のベートーヴェンがこれまた、すばらしい演奏です。オーケストラを聴く喜びがここに集約されているような、わくわくさせてくれる演奏でした。アンコールは、まずルーマニア民族舞曲、これがまたかっこいい。そして、「あと1曲やるよ」と会場に合図をしてブラームスのハンガリー舞曲を演奏しました。ここでは、ちゃっめけたっぷりで、曲がスローになったとき一瞬止まるようなしぐさを見せ客席を振り返り、大いに盛り上がって大爆笑でした。こんな名曲コンサートも良いもんですね。今日はとても楽しかったです。

2008年10月5日(日) 18:30
壬生町中央公民館 大ホール
クリスチャン・ヤルヴィ指揮
ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団
ヴァイオリン:川久保賜紀

グリーグ:ペール・ギュント第1組曲
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番より≪ブーレ≫

ベートーヴェン:交響曲第5番

アンコール
バルトーク:ルーマニア民族舞曲集より第5~第6曲
ブラームス:ハンガリー舞曲第6番

« 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) | トップページ | 小林美緒 ヴァイオリン・リサイタル(2008/10/7) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/42706244

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団・川久保賜紀(2008/10/5):

« 東京フィルハーモニー交響楽団 第35回千葉市定期演奏会(2008/10/3) | トップページ | 小林美緒 ヴァイオリン・リサイタル(2008/10/7) »