2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« SHM-CDが続々と(2008/11/3) | トップページ | ソニーからも高音質CDが(2008/11/5) »

2008年11月 4日 (火)

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(2008/11/4)

庄司紗矢香さんのチャイコフスキーを聴きにサントリーホールへ行ってきました。この日は2階席に皇后美智子さまがいらっしゃっておりました。
また同じブロックの少し前方の席にはヴァイオリニストの大谷康子さん、そして1階席には「千の風になって」で有名な秋川雅史さんのお姿を発見しました。そんなわけで、なかなか盛り上がったコンサートでした。庄司紗矢香さんのチャイコフスキーは客席が静まり返っているなかでの演奏だったため、すばらしい集中力が感じられました。ただあくまで個人的な感想なのですが、5月に金沢でベートーヴェンの協奏曲を聴いたときに比べてヴァイオリンの音色が悲しげな音色でした。機会があれば、いつかまた別のオケでチャイコフスキーを聴いてみたいです。
交響曲のほうは、なかなか豪快な演奏でとても楽しめました。アンコールも2曲あり、とくにトレパックが盛り上がりました。

2008年11月4日(火) 19:00
サントリーホール
ユーリ・テミルカーノフ指揮
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン:庄司紗矢香


チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より≪サラバンド≫

チャイコフスキー:交響曲第4番

アンコール
エルガー:愛の挨拶
チャイコフスキー:くるみ割り人形より≪トレパック≫

« SHM-CDが続々と(2008/11/3) | トップページ | ソニーからも高音質CDが(2008/11/5) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/43021290

この記事へのトラックバック一覧です: サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(2008/11/4):

« SHM-CDが続々と(2008/11/3) | トップページ | ソニーからも高音質CDが(2008/11/5) »