2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« SK-CD | トップページ | 滝千春 ヴァイオリン・リサイタル(2008/12/27) »

2008年12月23日 (火)

ミュージック・ツリー Xmasコンサート(2008/12/23)

鈴木愛理さんのシベリウスを聴きに横浜みなとみらいに行ってきました。ホールに行く途中、イベントが行われていて懐かしのClassが「夏の日の1993」を熱唱していました。あれから15年も経ったのかと、しみじみとしてしまいました。
さてコンサートですが、はじめにオルガンの独奏があり、フィンランディアでは大いに盛り上がりました。続いて鈴木愛理さんの登場です。まだ幼さが残るのでしょうか?会場のあちこちから「まぁ、かわいらしい」との声が聞こえてきました。しかし演奏が始まるや、会場の空気は一変し、鈴木愛理さんの独壇場です。前にも書いたのですが、彼女は大げさなアクションでバリバリ弾くスタイルではないのですが、非常に完成度が高いです。5月のショスタコーヴィチではターボ全開といった感じでしたが、今日のシベリウスは深い祈りのような演奏でした。とても大学生の演奏とは思えません。楽器の音色も大変すばらしく、次のコンサートが楽しみなヴァイオリニストです。
ちらしによりますと今後の予定は、次のとおりです。2月7日のリサイタルではモーツァルトのK.454を演奏するようなので楽しみですね。

2月 7日 オフィス設計ホール/リサイタル
3月21日 パルテノン多摩/フレッシュ名曲コンサート

2008年12月23日(火) 14:00
横浜みなとみらいホール
梅田俊明指揮
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
オルガン:グレゴリー・ダゴスティーノ
ヴァイオリン:鈴木愛理
ピアノ:清水和音

ルイ・ヴィエルヌ:「ウェストミンスターの鐘」
シベリウス:「フィンランディア」(ダゴスティーノ編曲)
シャルル=マリー・ヴィドール:「オルガン独奏用交響曲 第5番」より"Allegro vivace"
 
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

グリーグ:ピアノ協奏曲

今日も青空

« SK-CD | トップページ | 滝千春 ヴァイオリン・リサイタル(2008/12/27) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ボッシュ様。
私もパイプオルガンは初めてで楽しめました。それ以上に鈴木さんのシベリウスは、まるで写真の青空のような深い演奏で感動しました。特に2楽章の奥深い表現力と最終楽章のテクニックの融合がすばらしい。途中でオケが乱れても堂々と乗り切るすばらしい演奏でした。先が楽しみです。

Momoさま、コメントありがとうございます。

鈴木さんのシベリウス、本当に深い演奏ですばらしかったですね。スケールが非常に大きくて将来がとても楽しみです。鈴木さんの音楽性は次元が違うと言っては大げさかもしれませんが、彼女と共演するオケは良い意味で大変だと思います。今年の5月に聴いたときも、そう感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/43508260

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージック・ツリー Xmasコンサート(2008/12/23):

« SK-CD | トップページ | 滝千春 ヴァイオリン・リサイタル(2008/12/27) »