2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 気になるヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 藤村実穂子 メゾソプラノ・リサイタル(2009/3/1) »

2009年2月28日 (土)

群馬交響楽団 第452回定期演奏会(2009/2/28)

神尾真由子さんのブラームスを聴きに高崎に行ってきました。会場の群馬音楽センターは高崎城址にあり、歴史を感じさせる建物でした。開場の少し前に到着したのですが、人がいっぱいでどうしたのかと思ったら、自由席とチケットのキャンセル待ちの行列でした。席に着くと、暖房がかなり効いており汗ばむくらいでした。開演に先立ち、評論家の渡辺和彦氏のプレトークがありましたが、内容はともかく、もう少しゆっくり話されたほうが心に残ると思いました。

1曲目のブラームスは、桐生で米元響子さんのブラームスを聴いたときに比べて、オケがずいぶんおとなしく聴こえました。そんな控えめなオケに対して神尾さんのヴァイオリンは引き立ったのですが、今日は調子が良くなかったようです。特に第1楽章でそう感じました。また音色も、ホールは違いますが、川崎でベートーヴェンを聴いたときのまろやかさがありませんでした。しかし弓がほつれる音が聴こえるほどの熱演で、終盤の盛り上がりはさすがと思わせました。今日はアンコールはなしで休憩中にサイン会がありました。

休憩後のエルガーは伸び伸びとした演奏で、しっとり聴かせる第3楽章と大いに盛り上がった第4楽章が特にすばらしかったです。なお今日の演奏はNHK前橋放送局(81.6MHz)で3月14日に放送するようです。

2009年2月28日(土) 18:45
群馬音楽センター
尾高忠明指揮
群馬交響楽団
ヴァイオリン:神尾真由子

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
エルガー:交響曲第1番

« 気になるヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 藤村実穂子 メゾソプラノ・リサイタル(2009/3/1) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ボッシュさま

こんにちは。P'Yoです。
私も高崎まで行ってきました。

神尾さん、熱演でしたね。
とても迫力がありました。
五嶋みどりさんやサラ・チャンさんと
タイプが似ているのでしょうか。

ただしボッシュさまもご指摘の通り、
第一楽章の調子は良くないように、
思われました。
ご本人の体調からか、もしくは
ホールの乾燥によるものでしょうか。
それでも第3楽章は素晴らしかったです。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲は
難しいのかもしれませんね。
(昨年のN響オーチャード尾高さん-竹澤さんも
とても良かったです。)

日曜日のめぐろパーシモンも
素晴らしかったです。
川久保さんのチャイコン、音色が綺麗で、
下野さんとの息もピッタリでした。

P'Yoさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。
神尾さん、終盤の盛り上がりは迫力ありましたね。

竹澤さんのブラームスは、3月12日の都民芸術フェスティバルで聴いてきます。いまから楽しみです。

日曜のパーシモン、行きたかったのですよ。
ホールの近くにある喫茶店もお気に入りです。
川久保さんのチャイコフスキー聴きたかったです。
4月の紀尾井ホールの四季に期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/44208665

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬交響楽団 第452回定期演奏会(2009/2/28):

« 気になるヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 藤村実穂子 メゾソプラノ・リサイタル(2009/3/1) »