2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2009 東京交響楽団オープニングコンサート(2009/7/26)

菊池洋子さんのモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を聴きに川崎に行ってきました。1曲目は、おもちゃの交響曲が演奏されたのですが、川崎の登戸小学校の生徒さんが特別出演し、オープニングコンサートに花を添えました。
2曲目は菊池洋子さんとの27番です。この曲はモーツァルト最後のピアノ協奏曲で、最晩年に作曲されたこともあり、白鳥の歌のイメージが強く、晴れた冬の日によくCDを聴いていたのですが、今日の東響は夏の日にふさわしく明るい演奏でした。菊池さんのピアノは相変わらずすばらしかったので、オケがほんのすこし陰影を含んだ演奏だったらさらに良かったと思います。
ジュピターは軽快なテンポで見事でした。わたしが好んで聴く、ジュリーニ/ニュー・フィルハーモニア管やカザルス/マールボロ音楽祭管弦楽団の演奏と比べると曲のイメージが違いましたが、こういう演奏も良いですね。今日のコンビで、いつか22番のピアノ協奏曲と29番の交響曲を聴いてみたいです。

2009年7月26日(日) 16:00
ミューザ川崎シンフォニーホール
ユベール・スダーン指揮
東京交響楽団
ピアノ:菊池洋子

L.モーツァルト:おもちゃの交響曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番
モーツァルト:交響曲第41番

アンコール
モーツァルト:歌劇≪フィガロの結婚≫より"序曲"

古代蓮

古代蓮は埼玉県行田市が有名ですが、JR宇都宮線の新白岡駅近くの調整池に古代蓮が咲いていると聞いたので見学してきました。見頃は、過ぎてしまったようですが、それでもなかなか綺麗でした。カメラマンの数も少なく、じっくり見学することが出来ました。行きかた等は、こちらのページを参照ください。











2009年7月24日 (金)

松田聖子のBlu-spec CD予約しました

以前、ソニーのBlu-spec CDを紹介したときに、クラシックや洋楽だけでなく松田聖子や浜田省吾もリリースしてほしいと書いたら、いよいよリリースされるようです。松田聖子のアルバム「Pineapple」と「ユートピア」を購入しようかなとWebを眺めていたら、なんとソニーのサイトでは16枚まとめて購入できるようです。週末だったこともあり思い切って予約してしまいました。ユートピアの音質が改善されていることを期待しています。

Sony Music Shop  松田聖子「8/5発売 Blu-spec CD 16タイトル」まとめ買い

なお松田聖子は9月にBlu-spec CDで5枚組みのベスト(現在 曲目未定)をリリースするようです。さきほどの16枚のCDの中には大好きな「旅立ちはフリージア」が含まれていないので、ベストに含まれているようだとこちらも購入してしまいそうです。

Sony Music Shop  Premium Diamond Bible(Blu-spec CD5枚組)【完全生産限定盤】



2009年7月14日 (火)

五嶋みどりさんのリサイタル

すでにご本人のウェブサイトでアナウンスされていますが、今年の11月に下記の日程でリサイタルを行うようです。ピアノはオズガー・アイディンさんとのことです。行きたいけれど、ベートーヴェンの協奏曲のチケットを購入してしまい、予算的に非常に苦しいです。

「函館開港150周年記念 五嶋みどり ヴァイオリン・リサイタル」
2009年11月11日(水)函館市芸術ホール (北海道)
函館市文化・スポーツ振興財団 0138-55-3521

「長野放送開局40周年記念 五嶋みどり ヴァイオリン・リサイタル」
2009年11月13日(金)松本ハーモニーホール (長野県)
お問い合わせ: 長野放送 事業部 026-227-3000

「祝 むつ市制施行50周年・合併5周年 五嶋みどり ヴァイオリンコンサートとトーク」
2009年11月14日(土)会場: 下北文化会館 (青森県)
お問い合わせ: FMアジュール 0175-33-4122

2009年7月 5日 (日)

シン・ヒョンス ヴァイオリン・リサイタル(2009/7/5)

シン・ヒョンスさんのヴァイオリンを聴きにトッパンホールへ行ってきました。シン・ヒョンスさんは、2008年のロン=ティボー国際コンクールで優勝を果たした、新進気鋭のヴァイオリニストです。ちらしではうつむいた写真でわからなかったのですが、なかなかの美人ヴァイオリニストでした。演奏は1曲目からエンジン全開といった感じで、パガニーニやイザイの無伴奏では見事な技巧を披露してくれました。楽器の音量もたっぷりとしていて、特に中低音が見事でした。後半の詩曲やグリーグでは抒情的部分も併せ持ち、すばらしいヴァイオリニストでした。大変気に入ったので、来年のオーチャードでのN響とのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のチケットを購入してしまいました。

2009年7月5日(日) 14:00
トッパンホール
ヴァイオリン:シン・ヒョンス
ピアノ:佐藤卓史

タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
パガニーニ:24のカプリスより 第11番・第17番
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番
ショーソン:詩曲
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第2番

アンコール
パガニーニ:24のカプリスより 第24番

2009年7月 4日 (土)

ロシア・ナショナル管弦楽団(2009/7/4)

川久保賜紀さんのチャイコフスキーを聴きにサントリーへ。雨が降らないのがうれしい。
初めて聴くロシア・ナショナル管弦楽団ですが、なかなか良かったです。1曲目の雪娘は、管も弦も良い音を出していました。本日の川久保さんは美しい紅のドレスでしたが、見事なチャイコフスキーを演奏してくれました。特に第1楽章のカデンツァがとてもすばらしい演奏でした。アンコールにはクライスラーの無伴奏のヴァイオリン曲のレチタティーヴォとスケルツォの後半部分を演奏してくれました。こちらも見事なテクニックで大満足です。
休憩後の悲愴では、ロシア・ナショナル管弦楽団の見事な弦を堪能しました。特にチェロが良かったです。次回の来日もぜひ聴きたいオケです。

2009年7月4日(土) 14:00
サントリーホール
ミハイル・プレトニョフ指揮
ロシア・ナショナル管弦楽団
ヴァイオリン:川久保賜紀

リムスキー=コルサコフ:歌劇「雪娘」組曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

アンコール
クライスラー:レチタティーヴォとスケルツォよりスケルツォ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »