2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

第7回東京音楽コンクール 本選 弦楽部門(2009/8/31)

台風の中、東京音楽コンクールの弦楽部門の本選に行ってきました。昨年はヴァイオリンだけでしたが、今年はヴィオラやチェロもありました。
最初に演奏したのは小関郁さんでしたが、丁寧な演奏でしたが、もうひとつパンチが欲しかったです。寺内詩織さんは、シャネルでピアノ伴奏でしたがシベリウスを聴いたことがあります。今日はシャネルのときよりも数段良かったです。スピード感がり音量も十分でした。ヴィオラの大島さんは、ステージマナーも良く風格もありました。このコンクールはヴィオラの優勝者が3人出ているので、優勝候補でしょうか。すばらしい演奏でした。最後の加藤さんは、とても上品なドヴォルザークでした。コンクールだと、このくらいがちょうど良いかもしれません。台風が心配だったので結果を見てこなかったのですが、聴衆賞は今後の期待と応援もこめて寺内詩織さんに投票しました。はたしてどうだったでしょうか。
なお優勝者のコンサートが2010年の2月11日に行われるようです。

2009年8月31日(月) 18:00
東京文化会館 大ホール
渡邊一正指揮
東京フィルハーモニー交響楽団

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ヴァイオリン:小関郁
ヴァイオリン:寺内詩織

バルトーク:ヴィオラ協奏曲(遺作)
ヴィオラ:大島亮

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
チェロ:加藤文枝

2009年8月30日 (日)

シベリウスのヴァイオリン協奏曲を聴く

最近、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を聴いています。CDも少しずつ増えて、今では6枚になりました。


飛行機事故で亡くなった、ジネット・ヌヴーの1945年の録音。SPからの復刻で、いわゆる板お越し。ノイズはありますが、それほど気になりません。演奏は、迫力がありとてもすばらしいです。値段が安くなったので一度は聴いてみる価値はあります。




シェリングの1965年の録音。ロジェストヴェンスキーの伴奏も見事です。録音も良く、このディスクが一番好きです。シェリングは、もっと評価されても良いのではないでしょうか。




有名な評論家の先生のお勧め盤で、チョン・キョンファのデビュー録音です。むかし友人宅のLPで聴いたときは大変感動したのですが、CDになってからはいまひとつです。





アッカルドの1979年の録音です。アッカルドはあまり人気がないですが、このディスクも好きな1枚です。





リーラ・ジョセフォウィッツのデビュー盤、1995年の録音です。カップリングのチャイコフスキーの使用楽器はストラディバリウス、シベリウスはガルネリ・デル・ジェスだそうです。若さあふれる演奏です。





諏訪内晶子さんの2002年の録音です。ジャケット同様とても綺麗な演奏です。今年の秋のブラームスの協奏曲が今からとても楽しみです。

2009年8月29日 (土)

浜離宮恩賜庭園のキバナコスモス

浜離宮恩賜庭園のキバナコスモスが見頃だというので行ってきました。JR新橋駅から歩いて行ったのですが、とても暑かったです。帰りは大江戸線の築地市場駅から帰りました。




今が見頃です。




暑さのせいか、人が少ないです。なんとなく絵画風。




コスモスも咲いていました。

2009年8月28日 (金)

プラズマテレビ購入しました

ブログの更新が滞っていますが、6月にプラズマテレビとブルーレイ・レコーダーを購入してしまいましたが、それに見事にはまっています。いままでテレビはずっとソニー製を使用してきましたが、ゴルフやプロ野球などのスポーツ番組を見るにはプラズマが良いと友人に勧められたので今回はパナソニックに変更しました。テレビは42型でTH-P42G1、レコーダーは500GBのBW850です。秋葉原のヨドバシで購入したのですが、金額はヨドバシの20%ポイント還元で、テレビが174,600円、同時購入のレコーダーがモデルチェンジ直前だったので102,800円でした。これにエコポイントが23,000円とリサイクルで3,000ポイントつきます。なおエコポイントの申込用紙は郵便局にあるようです。

BS放送のクラシック番組だけでなく名曲探偵アマデウスやグインサーガ、日テレのプリズンブレイクなどを録画して楽しんでいます。画質は、なかなか良いのです。SDカードスロットがあるので、デジカメで撮影後すぐにテレビで画像を確認できるのも便利です。

個人的に注目している来月の放送は次の2つです。

2009年 9月 2日(水) BSハイビジョン06:00~
4人のバイオリニストの競演
加藤知子さんや堀米 ゆず子さん、戸田弥生さん、川田 知子さんの協演です。

2009年 9月18日(金)BS210:00~
山形交響楽団 第197回定期演奏会
滝千春さんのスペイン交響曲が放送されるようです。

2009年8月 8日 (土)

CHANEL Pygmalion Days 江島有希子(2009/8/8)

江島有希子さんのヴァイオリンを聴きにシャネルの「CHANEL Pygmalion Days」コンサートに行ってきました。結論から先に言ってしまうと、本日のコンサートはとてもすばらしかったです。事前にWebで発表されていたプログラムにシュトラウスのソナタがあったので期待して出かけました。過去に3度ほどシュトラウスのソナタがプログラム変更された経験があったので少し心配していましたが、変更されることもなく一安心でした。江島さんの絶妙なトークで名曲探偵アマデウス顔負けの曲の紹介がありましたが、演奏も見事でした。第1楽章の途中から集中力が高まっていき、第3楽章ではスケールの大きさを感じさせてくれました。江島さんのヴァイオリンを聴くのは今日で3度目ですが、今日の演奏が一番良かったです。なお今日の解説によると、このソナタの第2楽章には有名なピアノ・ソナタのフレーズが隠されているということです。みなさん、ぜひ探してみてください。
休憩後のシューベルトでは新居さんのクリアな演奏が楽しめました。新居さんは、最近チューバ奏者とのレコーディングがあったということで好調をキープしているようで、音が見えるような演奏でした。最後のカルメン幻想曲は江島さんがステージに登場する前に新居さんのピアノが演奏されたので、どうしたものかと思ったのですが客席の後方から江島さんが登場しながら演奏するという凝った演出でした。耳元で江島さんのヴァイオリンが奏でられて、カルメンに誘惑されたようでした。ステージに上がってからは、すばらしい技巧を披露してくれました。とても無料のコンサートとは思えないほどのすばらしいコンサートでした。また、いつかこの二人の演奏を聴いてみたいです。

2009年8月8日(土) 16:00
CHANEL NEXUS HALL
ヴァイオリン:江島有希子
ピアノ:新居由佳梨

R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ
シューベルト:4つの即興曲より第3番 第2番
ワックスマン:カルメン幻想曲

アンコール
カルメンから間奏曲

2009年8月 5日 (水)

松田聖子のBlu-spec CD聴いてみました

松田聖子のBlu-spec CDが届いたので、さっそく聴いてみました。はじめに聴いたのはユートピアです。ユートピアはCDになってから、なぜか音がいまいちだったので、リマスターがどんなものかワクワクしながらTL51XRにセットしました。1曲目の「ピーチ・シャーベット」から「マイアミ午前5時」、そして「セイシェルの夕陽」一気に聴いてしまいました。とてもクリアなサウンドで、ボーカルは絶品です。






続いて聴いたのは、Pineappleです。「P・R・E・S・E・N・T」のイントロから音が違います。個人的には、このアルバムが一番好きです。「渚のバルコニー」や「赤いスイートピー」とても懐かしく聴きました。どれか1枚ならこのアルバムをお勧めします。


2009年8月 3日 (月)

ファーム富田のラベンダー

たんばらラベンダーパークがいまひとつだったので、以前行ったことのある北海道のファーム富田の写真をアップします。午後に撮影したので、少し固めの色になっています。ファーム富田は駐車料金も入場料も無料でした。また行ってみたいです。




トラディショナルラベンダー畑




有名な彩りの畑




見事なグラデーションです。

たんばらラベンダーパーク

今日は休みを取って東京音楽コンクールの弦楽部門の第2次予選に行く予定でしたが、天気が良かったので群馬県沼田市のたんばらラベンダーパークに行ってきました。標高が1,300メートルもあり、とても涼しかったです。ただ、ラベンダーは早咲きのものは、すでに終わっているようでした。なお駐車場は無料でしたが、入園料は1,000円でした。




アナベル




彩の丘




望遠レンズを使用しています。

2009年8月 1日 (土)

滝千春&土橋礼佳 デュオ・コンサート(2009/8/1)

滝千春さんのヴァイオリンを聴きに駒込のソフィアザール・サロンに行ってきました。オペラシティでのスペン交響曲がとてもすばらしかったので期待して行ったのですが、今日の演奏もとても熱い演奏でした。元気の良い1曲目のベートーヴェンに続き、土橋さんのショパンが演奏されました。体に似合わずダイナミックな迫力のある演奏でした。滝さんのイザイは、まさに火の出るような演奏で圧倒されました。後半のプロコフィエフも絶好調で、すばらしい演奏でした。アンコールは2曲も演奏していただき、チャルダッシュでは目の覚めるような超絶技巧を披露してくれました。なお滝さんは、来年に川崎や愛知でオーケストラとの共演があるようです。

2010年3月7日 ミューザ川崎
グラズノフの協奏曲を演奏するようです。

2010年3月12日・13日 愛知県芸術劇場
ヴォーン・ウィリアムズの揚げひばりを演奏するようです。

2009年8月1日(土) 16:00
ソフィアザール・サロン
ヴァイオリン:滝千春
ピアノ:土橋礼佳

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1番
ショパン:幻想曲
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番

アンコール
ヨアヒム:ロマンス
モンティ:チャルダッシュ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »