2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« L.v.B.室内管弦楽団第20回演奏会(2009/9/26) | トップページ | 都響 2010年度ラインナップ »

2009年10月 2日 (金)

タイ・フィルハーモニック管弦楽団(2009/10/2)

タイ・フィルハーモニックを聴きにオペラシティへ。開演に先立ち、タイ王室をたたえる曲が演奏されました。オケのメンバーはチェロやコントラバス以外は起立をして演奏していました。1曲目のタイ伝統曲の歩む馬は、ラナートというタイの楽器の協奏曲のようでした。ラナートは木琴を高級にしたような楽器でしたが、出てくる音が非常に大きく、またテクニックが半端でなく、歩む馬というよりは疾駆する馬のようなすばらしい演奏でした。座った席が良かったせいか、ラナートの音量に大感激です。演奏が終わるとブラボーの嵐でした。2曲目のサンサーンス以降は、指揮者がエミルソン氏に変わっての演奏でした。チェロのチャロンソックさんは、なかなかの技巧の持ち主でした。ただ1曲目の興奮のあとだったので盛り上がりに欠けてしまいましたが、良い演奏だったと思います。チャイコフスキーの4番も終盤おおいに盛り上がりました。オケのメンバーも満足そうな表情です。ひたむきな演奏で有意義なコンサートでした。

2009年10月2日(金) 19:00
東京オペラシティ
プラティープ・スパノロン指揮
グドゥニ・エミルソン指揮
タイ・フィルハーモニック管弦楽団
ラナート:パロン・ユエンヨン
チェロ:タパリン・チャロンソック

タイ伝統曲「歩む馬」
サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番
チャイコフスキー:交響曲第4番

« L.v.B.室内管弦楽団第20回演奏会(2009/9/26) | トップページ | 都響 2010年度ラインナップ »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/46393441

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・フィルハーモニック管弦楽団(2009/10/2):

« L.v.B.室内管弦楽団第20回演奏会(2009/9/26) | トップページ | 都響 2010年度ラインナップ »