2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« CHANEL Pygmalion Days 瀧村依里(2010/2/13) | トップページ | 東京文化会館モーニングコンサートVol.34(2010/2/17) »

2010年2月14日 (日)

東京交響楽団 東京芸術劇場シリーズ 第103回(2010/2/14)

東京交響楽団のマーラー第9番を聴きに池袋の東京芸術劇場へ行ってきました。日差しがあるとはいえ、空気が冷たいですね。2階席に座ったのですが、後ろの席は空席がありました。先日、川崎で見事なエルガーを演奏した東響は、本日もすばらしい演奏をしてくれました。第3楽章まではとても緻密な演奏でしたが、第4楽章はさらに密度が濃くなり、弦の音が心にしみてくる演奏でした。お客さんのマナーも良く、ホール全体で終わりの余韻を楽しむことができ、素敵なコンサートでした。

2010年2月14日(日) 14:00
東京芸術劇場
大友直人指揮
東京交響楽団

マーラー:交響曲第9番

« CHANEL Pygmalion Days 瀧村依里(2010/2/13) | トップページ | 東京文化会館モーニングコンサートVol.34(2010/2/17) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ボッシュ-san
相変わらず、精力的にコンサートへ足を運んでいますね。
生の音は耳を肥えさせてくれるので、羨ましいです。
お客さんのマナーも良くて、本当に良かったですね。

こちらは、専らTVで録画観賞です。
サブウーファーを接続しているので、それなりに楽しめます。

こんばんは。コメントありがとうございます。

なかなかのマーラーでした。
コンサートは少しセーブしようと思っていますが
どうなることやらです。

サブウーファーよさそうですね。
とても気になっています。

それから、近いうちに
以前、紹介いただいたモントゥーのフランクの
SACDを購入する予定です。

ボッシュ-san
モントゥーのフランク(SACD)本当にいいですよ!
モントゥーだけでなく、リビング・ステレオのこのSACDシリーズは外れがありません。

何故なら、管球アンプで録音したマスターのSACD化ですから、
極端のことを言えば、レコードの雰囲気を持っています。

おはようございます。

コメントありがとうございます。
リビング・ステレオのは
管球アンプで録音されたのですか。

ぜひとも購入したいですね。
レコードの雰囲気を持っているCDは
貴重ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/47566929

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団 東京芸術劇場シリーズ 第103回(2010/2/14):

« CHANEL Pygmalion Days 瀧村依里(2010/2/13) | トップページ | 東京文化会館モーニングコンサートVol.34(2010/2/17) »