2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

N響オーチャード定期 第59回(2010/4/29)

以前聴いた日本フィルとのベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番がすばらしかった河村尚子さんが、モーツァルトの24番を演奏するというので渋谷のオーチャードホールへ行ってきました。指揮者の人気なのでしょうか、客席は満席で若い女性がたくさん来ていました。
濃いグリーンのドレスの河村さん、若いのに堂々としていて貫禄がありますね。彼女の音は美しいだけでなく張りがあって、すばらしいモーツァルトの24番でした。第1楽章のカデンツァは聴いたことのないカデンツァでしたが、じわっと心に染み渡るすばらしい演奏でした。あとでオーチャードホールのウェブサイトを見たらシュニトケとのことでした。アンコールにショパンも演奏してくれて、なんだか得した気分でした。5月2日に軽井沢でチャイコフスキーの1番を聴くのですが、今からとても楽しみです。
休憩後のワーグナーは、悪い演奏ではないのですが期待が大きすぎて残念でした。5月4日の軽井沢でのブラームスの1番に期待しましょう。

2010年4月29日(木) 15:30
オーチャードホール
準・メルクル指揮
NHK交響楽団
ピアノ:河村尚子

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番

アンコール
ショパン:ノクターン第20番嬰ハ短調「遺作」

ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指環」より抜粋
ラインの黄金から
1.序奏 2.第2場 3.第3場
ワルキューレから
1.第3幕 第1場 2.第3幕 第3場
ジークフリートから
1.第2幕 第2場
神々の黄昏から
1.序幕 2.第3幕 第2場:「ジークフリートの死と葬送行進曲」
3.第3幕 第3場:「ブリュンヒルデの自己犠牲」

2010年4月24日 (土)

BDP-320購入

3月7日のミューザ川崎シンフォニーホールからの帰りに秋葉原のヨドバシカメラによって、パイオニアのブルーレイディスクプレイヤー、BDP-320を購入しました。この機種は、以前レコード芸術のコラムで評論家の麻倉怜士さんが「圧倒的にすばらしいクォリティ」と絶賛していたので、いつか安くなったらと狙っていました。この日は、週末大特価ということでかなり安くなっていたので、思わず購入してしまいました。パイオニアのエンジニアが液晶やプラズマ用にあらかじめ調整したモードがあり、それを利用すると簡単に設定が行えます。ディーガで録画したブルーレイディスクを見たのですが、画質は申し分なく、また音質も想像以上に良かったです。

でも、後継機のBDP-330が発売されたようで少々複雑です。

2010年4月11日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.338(2010/4/11)

桜舞い散る桜坂をしばし散策してから、都響のプロムナードコンサートを聴きにサントリーホールへ。指揮者のマーカス・ポシュナーさんは長身で、シューマッハに似ているような。前半は、バーンスタインのハリルに注目。プログラムによるとハリルとはヘブライ語でフルートをさす言葉だそうです。マイクが立てられていたので録音されていたのであれば、ぜひCDでまた聴いてみたい曲です。フルートの寺本さん、熱演でした。休憩後のブラームスは、第1楽章と第3楽章がとてもすばらしい演奏でした。マーカス・ポシュナーさんは、両手を大きく広げて指揮していましたが、この人のブラームス気に入りました。2番や3番も聴きたいです。演奏が終わると、会場のあちこちからブラボーが出ていました。ベートーヴェンの7番を聴き終えたかのようです。今日の都響のコンサートも良かったです。来週のエルガーも聴きたいのですが、CDで我慢することにします。

2011年4月11日(日) 14:00
サントリーホール
マーカス・ポシュナー指揮
東京都交響楽団
フルート:寺本義明

ハイドン:交響曲第92番「オックスフォード」
バーンスタイン:ハリル
ブラームス:交響曲第4番

2010年4月 3日 (土)

『女神との出逢いシリーズ』第200回記念 ガラ・コンサート(2010/4/3)

心地よいドライブ、すばらしい景色を堪能した後は、フィリアホールでガラ・コンサートです。出演者は下記のように、ベテランから中堅、若手まで豪華なメンバーでまさにガラ・コンサートでした。なお曲目と演奏順が変更されているようでした。1曲目のテレマンでは堀米さんのすばらしい音色が響き渡ります。それにしても今日のヴァイオリンの4重奏、なんて贅沢なのでしょう。来て良かったです。3曲目のパガニーニはチェロの2重奏でしたが、とりわけ長谷川さんの熱演が心に残りました。4曲目の魔笛でも堀米さんの音色がすばらしく、有名な夜の女王のところなど鳥肌が立つようでした。休憩後のメンデルスゾーンでは加藤さんのヴァイオリンが一段と光り輝き、すばらしい音色を聴かせてくれました。

2010年4月3日(土) 18:00
フィリアホール
ヴァイオリン=堀米ゆず子、加藤知子、戸田弥生、川田知子
ヴィオラ=川本嘉子、小熊佐絵子
チェロ=長谷川陽子、遠藤真理

テレマン:4つのヴァイオリンの協奏曲
ダンクラ:4つのヴァイオリンのための8つのヴァリエーション
ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲
モーツァルト:歌劇「魔笛」より
バツェヴィチ:4つのヴァイオリンのための四重奏曲
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲

埼玉県小川町 東昌寺のしだれ桜

つづいては、今日のドライブの最後に小川町にある東昌寺のしだれ桜を鑑賞してきました。さきほどの鉢形公園からは国道254号線で小川方面へ行き、角山上の交差点(ミニストップがあります)を左折し、信号のない交差点を左折し、もう一度左折すると駐車場がありました。ここの桜も良かったです。



趣がある桜です。




今日のカメラはペンタックスのデジタル一眼レフK20Dです。
立体感のある写真が撮れました。

埼玉県寄居町 鉢形城 エドヒガン

さきほどの道路へもどり、左折し寄居町の鉢形城公園を目指します。八高線の踏切を渡ると、すぐに公園の駐車場があります。



遊歩道を歩いていくと大きな桜が見えてきました。




空も青くなり、絶景です。

埼玉県東秩父村 花桃の郷

今日は夕方にフィリアホールでコンサートがあります。早起きをして東秩父村から寄居、小川方面をドライブをしてきました。最初の目的地は東秩父村の花桃の郷です。11号線から坂本寄居線を東秩父村の大内沢方面へ走り、しばらく行くと花桃の郷の入り口の看板があります。そこを左折し、行き止まりを右折、また行き止まりを左折すると駐車場があります。駐車場がわからなくて、一回りしてしまいました。道幅がかなり狭いので、この時期になると主なところは一方通行になるようです。駐車場からは徒歩での移動した。太った体には、勾配がきつかったのですが、すばらしい景色で元気を回復しました。



たくさん咲いています。




いい眺めです。




登って行くと菜の花も咲いていました。




空が青かったらもっと良かったです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »