2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 奏楽堂モーニング・コンサート(2010/5/27) | トップページ | 小林美樹 ヴァイオリン・リサイタル(2010/6/5) »

2010年5月30日 (日)

サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団(2010/5/30)

ヒラリー・ハーンのチャイコフスキーを聴きに東京芸術劇場へ。チケットを購入してから、昨年の日本音楽コンクールで優勝した青木尚佳さんが市川でパガニーニを演奏すると知って少しがっかりしたのですが、そんな気持ちも吹っ飛ぶような、すばらしいチャイコフスキーとシベリウスでした。1曲のサロネンの曲は、静かな始まりだったのですが、終盤大音量が響き渡りました。今日の芸術劇場、オルガンの前に反響板のようなものがありました。つづいて真っ赤なドレスがとても美しいハーンのチャイコフスキーです。演奏は、まるでモーツァルトを弾くように、とても軽やかな演奏ですが、出てくる音が凄い。栃木で聴いたリサイタルがいまひとつに感じていましたが、次元の違うチャイコフスキーでした。アンコールのバッハも見事な演奏でした。ヒラリー・ハーン、やっぱり凄かったです。ちなみに発売したばかりのチャイコフスキーのCDが飛ぶように売れていました。休憩後のシベリウスは、これまたすばらしい演奏でした。とくに金管セクションが見事です。こうゆう演奏を聴くと海外のオーケストラを聴きたくなってしまいます。アンコールはシベリウスを3曲も演奏してくれました。サロネン、予想以上にすばらしい指揮者でした。フィルハーモニア管弦楽団もいいオケですね。終演後にはサイン会があり、お二人のサインをプログラムにいただきました。

2010年5月30日(日) 14:00
東京芸術劇場
エサ=ペッカ・サロネン指揮
フィルハーモニア管弦楽団
ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン

サロネン:ヘリックス
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より≪サラバンド≫

シベリウス:交響曲第2番

アンコール(すべてシベリウス)
付随音楽「ペレアスとメリザンド」より “メリザンドの死”
組曲「カレリア」より “行進曲風に ”
悲しいワルツ



演奏会が終わったのが16時30分でした。

« 奏楽堂モーニング・コンサート(2010/5/27) | トップページ | 小林美樹 ヴァイオリン・リサイタル(2010/6/5) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

すごいですね。
ハーンの生ですか。

うらやましいこと、しきりです。
記事によれば演奏もすごく良かったとのこと。

ハーンの演奏、私も大好きです。
テレビで放送しないかなあ。

こんばんは。
ハーンの協奏曲は、はじめてでしたが予想以上に良かったです。
サロネン率いるフィルハーモニア管弦楽団も絶好調で、チャイコフスキーとシベリウスがともに名演奏でした。
ハーンは日本語がとても上手でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/48498418

この記事へのトラックバック一覧です: サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団(2010/5/30):

« 奏楽堂モーニング・コンサート(2010/5/27) | トップページ | 小林美樹 ヴァイオリン・リサイタル(2010/6/5) »