2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団(2010/5/30)

ヒラリー・ハーンのチャイコフスキーを聴きに東京芸術劇場へ。チケットを購入してから、昨年の日本音楽コンクールで優勝した青木尚佳さんが市川でパガニーニを演奏すると知って少しがっかりしたのですが、そんな気持ちも吹っ飛ぶような、すばらしいチャイコフスキーとシベリウスでした。1曲のサロネンの曲は、静かな始まりだったのですが、終盤大音量が響き渡りました。今日の芸術劇場、オルガンの前に反響板のようなものがありました。つづいて真っ赤なドレスがとても美しいハーンのチャイコフスキーです。演奏は、まるでモーツァルトを弾くように、とても軽やかな演奏ですが、出てくる音が凄い。栃木で聴いたリサイタルがいまひとつに感じていましたが、次元の違うチャイコフスキーでした。アンコールのバッハも見事な演奏でした。ヒラリー・ハーン、やっぱり凄かったです。ちなみに発売したばかりのチャイコフスキーのCDが飛ぶように売れていました。休憩後のシベリウスは、これまたすばらしい演奏でした。とくに金管セクションが見事です。こうゆう演奏を聴くと海外のオーケストラを聴きたくなってしまいます。アンコールはシベリウスを3曲も演奏してくれました。サロネン、予想以上にすばらしい指揮者でした。フィルハーモニア管弦楽団もいいオケですね。終演後にはサイン会があり、お二人のサインをプログラムにいただきました。

2010年5月30日(日) 14:00
東京芸術劇場
エサ=ペッカ・サロネン指揮
フィルハーモニア管弦楽団
ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン

サロネン:ヘリックス
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より≪サラバンド≫

シベリウス:交響曲第2番

アンコール(すべてシベリウス)
付随音楽「ペレアスとメリザンド」より “メリザンドの死”
組曲「カレリア」より “行進曲風に ”
悲しいワルツ



演奏会が終わったのが16時30分でした。

2010年5月27日 (木)

奏楽堂モーニング・コンサート(2010/5/27)

休みが取れたので尾池亜美さんのベートーヴェンを聴きに、新緑の美しい上野に行ってきました。尾池さんのベートーヴェンを聴くのは、2009年の小平での江藤俊哉ヴァイオリンコンクール受賞者演奏会以来です。小平での演奏も大変すばらしいベートーヴェンでしたが、今日の演奏は歌心が加わり、また高音の伸びが良く、成長した尾池さんの演奏を聴くことができました。オーケストラもすばらしい演奏で充実したモーニング・コンサートでした。

2010年5月27日(木) 11:00
東京藝術大学奏楽堂
ジョルト・ナジ指揮
藝大フィルハーモニア
ヴァイオリン:尾池亜美

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲

2010年5月15日 (土)

読響 第122回東京芸術劇場マチネーシリーズ(2010/5/15)

ボリス・ベルキンのチャイコフスキーを聴きに東京芸術劇場へ。ほとんど女性奏者を聴きに行くのですが、今日は海外の男性奏者を聴いてきました。ボリス・ベルキンさんは、かつて神童とよばれ、デッカにチャイコフスキーやシベリウスの協奏曲の録音が残されています。今日の演奏会は期待に胸を膨らませて出かけて行ったのですが、コンディションがいまひとつのような気がして、盛り上がりに欠けた演奏に感じました。チャイコフスキーのCDを取り寄せ中なので、CDが届いたら聴いてみたいと思います。交響曲第5番は、特に終楽章がすばらしい演奏で、こちらは大いに盛り上がった演奏でした。次回、同じホールでヒラリー・ハーンがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾くので、いまからとても楽しみです。

2010年5月15日(土) 14:00
東京芸術劇場
ユーリ・テミルカーノフ指揮
読売日本交響楽団
ヴァイオリン:ボリス・ベルキン

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー/交響曲第5番

アンコール
エルガー:愛の挨拶

2010年5月 4日 (火)

軽井沢大賀ホール開館5周年記念 2010春の音楽祭(2010/5/4)

庄司紗矢香さんのモーツァルトを聴きに軽井沢の大賀ホールに行ってきました。ひさしぶりに碓氷の旧道を走りましたが、とても空いていて気持ちの良いドライブでした。本日のオケはN響です。1曲目のフィガロの結婚からノリノリの演奏でワクワクしてきました。続いて庄司さんのヴァイオリンでモーツァルトの5番の協奏曲です。終始にこやかに演奏されていましたが、カデンツァではとても集中しておりました。楽器の音色もすばらしく、とても聴き応えのあるモーツァルトでした。6月の東響とのプロコフィエフが今からとても楽しみです。休憩後のブラームスの1番は、先日のオーチャードでのワーグナーとは別人のような熱い演奏でした。名前は存じ上げないのですが、チェロ奏者がすばらしい熱演で、これにつられるようにフルートやオーボエも大活躍。第4楽章では弦楽器の音が大きくうなり、すばらしいブラームスの1番でした。アンコールのハンガリー舞曲もすばらしいプレゼントでした。先日聴いたオーチャードは聴いた席が良くなかったのだと思います。7月のオーチャードでのチャイコフスキーは指揮者が準・メルクルさんではありませんが、大好きなヴァイオリン協奏曲と第5番なのでオケに期待しています。なお終演後には庄司紗矢香さんのサイン会があり、お疲れのところサインをいただきました。

2010年5月4日(火) 17:00
軽井沢大賀ホール
準・メルクル指揮
NHK交響楽団
ゲスト・コンサートマスター:ヤーノシュ・セルメチ
ヴァイオリン:庄司紗矢香

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番

アンコール
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番より≪サラバンド≫

ブラームス:交響曲第1番

アンコール
ブラームス:ハンガリー舞曲第4番

2010年5月 2日 (日)

軽井沢大賀ホール開館5周年記念 2010春の音楽祭(2010/5/2)

河村尚子さんのチャイコフスキーを聴きに軽井沢の大賀ホールに行ってきました。渋滞を避けるため本庄児玉ICまで一般道で行ったおかげで、高速の渋滞には巻き込まれませんでしたが、上信越道の碓氷軽井沢ICを降りると軽井沢の街中へ大渋滞でした。次回来るときはルートを考えないといけませんね。渋滞中の運転に疲れてしまいましたが、すばらしい自然の中にある大賀ホールにたどり着くと元気を取り戻し、開館5周年のコンサートを楽しむことができました。1曲目の見事な演奏のワーグナーで幕を開けました。つづいてのチャイコフスキーはオケがワーグナーほどの演奏ではなかったのですが、河村さんの終盤にかけての盛り上がりが見事でした。休憩後の運命は、チャイコフスキーとは打って変わっての熱演でした。アンコールのシューベルトも良かったです。なお終演後に河村さんのサイン会があり、ショパンのアルバムにサインをいただきました。

2010年5月2日(日) 17:00
軽井沢大賀ホール
飯守泰次郎指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
ピアノ:河村尚子

ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ベートーヴェン:交響曲第5番

アンコール
シューベルト:ロザムンデ間奏曲第3番

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »