2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月23日 (土)

第79回日本音楽コンクール バイオリン部門 本選(2010/10/23)

いやぁ、とんでもないものを聴いてしまいました。山根さんのショスタコーヴィチです。一人だけターボエンジンを搭載しているかのような感じでした。まだ中学生なので将来がとても楽しみですね。

演奏順は新井さん、城戸さん、毛利さん、山根さんでした。シベリウスを演奏した3人の中では、城戸さんの表現力が目立ちました。音色も高音がとても綺麗で、コンサートを聴いているかのような見事な演奏でした。あとの2人は、城戸さんに比べると表現の幅が劣るような感じがしました。最後の山根さんは、とにかく圧倒的でした。文句なしの1位ではないでしょうか。聴衆賞は、シベリウスを演奏した城戸さんに投票しました。

結果は予想通りで下記のとおりでした。

第1位 山根一仁(15)=横浜市立豊田中3年 岩谷賞(聴衆賞)
第2位 城戸かれん(16)=東京芸大付高1年
第3位 毛利文香(16)=神奈川県・洗足学園高1年
入選  新井貴盛(19)=東京芸大2年

2010年10月23日(土) 16:00
東京オペラシティ
村中大祐指揮
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
新井貴盛
城戸かれん
毛利文香

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
山根一仁

2010年10月10日 (日)

加藤知子ヴァイオリン・リサイタル(2010/10/10)

加藤知子さんのヴァイオリンを聴きに紀尾井ホールへ。加藤さんのヴァイオリン、江口さんのピアノ、良かったです。シューマンでは第2楽章がとてもチャーミングな演奏でに、心から感動しました。バッハのパルティータは終盤にかけて盛り上がっていき、シャコンヌでは多くの人がうつむいて、感動を味わっていました。ブラームスも良かったのですが、アンコールになんと3曲も弾いてくださり、とくに十八番とも言えるサラサーテでは、すばらしいヴァイオリンを披露してくれました。会場も「すごい、すごい」を連発して大いに盛り上がりました。加藤さんのヴァイオリン、弦楽器がお好きなら、ぜひ一度は聴いておくことをお勧めします。本当にすばらしいヴァイオリニストです。なお終演後にはサイン会があり、リリースされたばかりのブラームスのソナタ集のジャケットにお二人のサインをいただきました。

2010年10月10日(日) 14:00
紀尾井ホール
ヴァイオリン:加藤知子
ピアノ:江口玲

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番

アンコール
マスネ:タイスの瞑想曲
サラサーテ:チゴイネルワイゼン
パラディス:シチリアーノ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »