2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

都響 第707回定期演奏会(2010/11/30)

11月のインバル月間の最後を飾るのは、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲とブルックナーです。まずは、四方さんのモーツァルトです。つつましい音色で、第2楽章が絶品です。インバルの指揮は、この前のピアノ協奏曲よりも良かったのではないでしょうか。この曲は大好きな曲なので期待していましたが、すばらしい演奏でした。そしてブルックナーです。第6番は、演奏機会が、そう多くないらしいのですが、インバル・都響、やってくれました。見事な演奏です。とくに都響の弦がすばらしいです。音色に、しなやかさが加わり、言うことなしです。マイクが立っていたので、そのうちCDがリリースされると思いますが、絶対に購入しようと思います。ホールを出たときにも余韻が残った、今年聴いた都響のなかの一番の演奏でした。次回インバル・都響を聴くのは来年の3月ですが、今からとても楽しみです。繰り返しになりますが、本当にすばらしい演奏会でした。

2010年11月30日(火) 19:00
サントリーホール
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:四方恭子

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番
ブルックナー:交響曲第6番

2010年11月28日 (日)

最近購入したチケット

暖かな一日でした。お昼前にお茶の水のディスク・ユニオンへ、CDをボックスで購入して1枚ものとダブってしまったCDを下取りに出しに行きました。査定の間、いろいろと見て回りましたが、ワルターのマーラー交響曲第1番のマスターサウンドを購入しました。それからオーディオ・ユニオンへ行き、エソテリックの新しいSACDプレイヤーを見てきました。試聴してみようかと思いましたが、またの機会にして淡路坂を下り秋葉原方面へ。
帰宅後マーラーを聴いてみましたが、青春の香りがする、すばらしい演奏でした。最近購入したチケットは、ヴァイオリニストの寺下真理子さんの浜離宮でのリサイタル、そして本日から先行発売となった、河村尚子さんの東京・春・音楽祭のリストです。

3月18日 寺下真理子/浜離宮朝日ホール
シュトラウスのソナタが楽しみです。ピアノは須藤千晴さんです。

4月7日 河村尚子/東京文化会館 小ホール(東京・春・音楽祭)
東京・春・音楽祭 リストへの旅ー生誕200年に寄せて
ピアニストでは河村さんが気になっています。今からとても楽しみです。

2010年11月23日 (火)

都響 作曲家の肖像 Vol.80《ベートーヴェン》(2010/11/23)

読書の秋ですね。この時期は講談社のIN・POCKETを参考に、文庫翻訳ミステリーを読んでいます。今読んでいるのは、マイクル・コナリーの「エコー・パーク」です。
さてインバル月間の第2弾、ベートーヴェンを聴きに池袋の東京芸術劇場に行ってきました。今年の3月の第5番がすばらしい演奏だったので(レコード芸術で特選)本日の演奏も楽しみです。第1番は、先日のブラームスとは違い弦がとても優しい音で、聴いていて心地よい演奏でした。続いては人気のピアニスト、辻井さんの協奏曲第1番です。最初から最後まで、集中力の高い、隙のない演奏でした。特に第1楽章のカデンツァは見事な演奏でした。また第2楽章はとても美しい演奏で、ピアノの音が心に残りました。アンコールは月光の第1楽章を演奏してくれましたが、ぐっときてしまいました。休憩後の第8番は、軽快な演奏で、こちらも弦の音が魅力的でした。30日のブルックナーが今からとても楽しみです。

2010年11月23日(火) 14:00
東京芸術劇場
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
ピアノ:辻井伸行

交響曲第1番
ピアノ協奏曲第1番

アンコール
ピアノ・ソタナ第14番「月光」から第1楽章

交響曲第8番

2010年11月20日 (土)

都響 プロムナード コンサート No.341(2010/11/20)

秋が深まってきました。写真を撮りに行きたいところですが、このところオーディオ装置の具合が良いので、エソテリックから出たカラヤンのワーグナーやカルロス・クライバーのシューベルトなどを楽しんでいます。このシューベルトは音が良いですね。
さて11月は、都響&インバル月間であります。まずはプロムナードです。1曲目は邦人作品でしたがヴィオラが素敵な曲でした。2曲目のモーツァルトのピアノ協奏曲第27番は、ピアノにもう少し潤いが欲しいところでした。この曲はCDでバックハウスやカーゾン、ギレリス、カサドシュ、ブレンデル、シュタイアーなどの名演奏を聴きすぎているので辛口になってしまいました。ブラームスの1番は多少荒っぽいところがありましたが、スケールの大きな演奏で楽しめました。23日のベートーヴェンや30日のブルックナーが楽しみですね。

2010年11月20日(土) 14:00
サントリーホール
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
ピアノ:デヴィッド・グレイルザンマー

一柳慧:インタースペース ― 弦楽オーケストラのための
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番

アンコール
リゲティ:6つのバガテルより

ブラームス:交響曲第1番

2010年11月 7日 (日)

藤村実穂子 メゾソプラノ・リサイタル(2010/11/7)

藤村実穂子さんのリサイタルを聴きに所沢のマーキーホールへ行ってきました。藤村実穂子さんを聴くのは昨年に続いて2度目ですが、とにかく美しい歌声に聴き惚れてしまいました。またピアニストもすばらしい音色で花を添えていました。前半のシューマンのリーダークライスは、完璧な歌唱だったのではないでしょうか。ただ残念なことに、携帯電話の着信音が聞こえてしまいました。後半はマーラーも良かったのですが、なんといってもブラームス。秋にはブラームスですね。鳴り止まない拍手で、アンコールは3曲もありました。すべてブラームスです。来年もこの企画があれば良いですね。心が洗われるような、すばらしいリサイタルでした。

2010年11月7日(日) 15:00
所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール
メゾソプラノ:藤村実穂子
ピアノ:ヴォルフラム・リーガー

シューマン:リーダークライス
マーラー:春の朝
マーラー:夏の交代(歌曲集「子供の不思議な角笛」より)
マーラー:美しき喇叭の鳴るところ(歌曲集「子供の不思議な角笛」より)
マーラー:つらなる想い
ブラームス:ジプシーの歌

アンコール
ブラームス:甲斐なきセレナード
ブラームス:セレナード
ブラームス:日曜日

2010年11月 6日 (土)

最近購入したチケット

最近、購入したヴァイオリンのリサイタルをまとめてみました。どのリサイタルもいまからとても楽しみです。

1月22日 南紫音/トッパンホール
曲目未定ですが無伴奏のプログラムのようです。

1月23日 鈴木愛理/くにたち市民芸術小ホール
現在留学中のドイツから一時帰国しての演奏会だそうです。

2月13日 米元響子/千葉県文化会館大ホール
モーツァルトとシュトラウスのソナタが楽しみです。

3月20日 松本紘佳/みなとみらい小ホール
松本さんのヴァイオリンがまた聴ける、今からとても楽しみです。

2010年11月 5日 (金)

東京フィルハーモニー交響楽団 第42回千葉市定期演奏会(2010/11/5)

滝千春さんのシベリウスを聴きに、2年ぶりに千葉に行ってきました。千葉といえば、ロッテ強いですね。中日ドラゴンズを応援しているのですが王手をかけられてしまい、少しあせっています。中日ドラゴンズが日本シリーズで勝てば、記念にSACDプレイヤーを購入しようと思っているのですが、難しくなってきました。果たしてどうなるやらです。
本日の滝さんはオレンジのドレスがとても綺麗でした。駒込で聴くような豪快な演奏ではなかったのですが、新たな側面を見た気がしました。演奏は申し分なく、第3楽章の冒頭で地震があり建物がかなり揺れたところがったのですが、びくともしない安定感で、見事に地震に打ち勝っていました。アンコールにチゴイネルワイゼンを期待したのですが、なかったです。時間的なこともあり、交響曲は聴かずに帰りました。

2010年11月5日(金) 18:30
京葉銀行文化プラザ 音楽ホール
沼尻 竜典指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン:滝千春

シベリウス:交響詩フィンランディア
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:交響曲第2番

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »