2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 正戸里佳 ヴァイオリン・リサイタル(2010/12/18) | トップページ | ディヌ・リパッティ/EMIレコーディングス »

2010年12月20日 (月)

都響 第709回定期演奏会(2010/12/20)

ショパン・イヤーだから1曲くらいは何かショパンの曲を聴いておこうと取ったチケットでしたが、これが大正解でした。リストのレ・プレリュードはスケールの大きな演奏で、こんなに良かった曲なのかと思わせるほどのすばらしい演奏でした。ショパンのピアノ協奏曲はなんといっても、ピアニストのルガンスキーが名演奏。このピアニストのことは、まったく知らなかったのですが、すばらしいピアニストです。チャイコフスキーやラフマニノフもぜひ聴いてみたいです。アンコールの幻想即興曲は、とてもハイ・スピードな演奏でした。マルティヌーの交響曲は、はじめて聴きましたが、弦が分厚く、特にヴィオラがすばらしかったです。本日、指揮をしたフルシャは、なんと29歳です。才能豊かな指揮者なので、これからが楽しみですね。CDはスメタナの「わが祖国」がリリースされているようですが、まだ購入していません。手持ちのCDを探してみたら、幸田浩子さんのモーツァルトのアリア集とニコラ・ベネデッティのチャイコフスキー/ブルッフのヴァイオリン協奏曲の伴奏をしているCDがありました。どちらのCDも、ソリストはもちろん伴奏もすばらしい演奏ですね。

2010年12月20日(月) 19:00
東京文化会館
ヤクブ・フルシャ指揮
東京都交響楽団
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番

アンコール
ショパン:幻想即興曲

マルティヌー:交響曲第3番

« 正戸里佳 ヴァイオリン・リサイタル(2010/12/18) | トップページ | ディヌ・リパッティ/EMIレコーディングス »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/50376948

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 第709回定期演奏会(2010/12/20):

« 正戸里佳 ヴァイオリン・リサイタル(2010/12/18) | トップページ | ディヌ・リパッティ/EMIレコーディングス »