2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2011/2/13) | トップページ | 読響 第501回定期演奏会(2011/2/25) »

2011年2月19日 (土)

読響 第180回東京芸術劇場名曲シリーズ(2011/2/19)

神尾真由子さんのブラームスを聴きに池袋の芸術劇場へ。ピンクのドレスがとても眩しかった神尾さん、どことなくソフトバンクのCMに出ている松田聖子の雰囲気が漂っていました。神尾さんのブラームスを聴くのは2年前の高崎以来、高崎では剛速球の印象でしたが、本日は多彩な変化球でしっとり聴かせてくれたブラームスでした。聴く人によっては、個性的に聴こえるかもしれない今日の演奏、個人的には素晴らしい演奏だと思いました。アンコールのパガニーニでは、素晴らしい技巧を披露して、会場のあちらこちらから「すごい」が連発されていました。ところで1階席で聴いたので音量は十分でしたが、上のほうの席で聴いた方は神尾さんの音色が届いたが心配です。また残念なことに、上のほうからハウリングのような音が聞こえてきて、それだけが残念でした。オケは、協奏曲はとても大人しい伴奏でしたが、交響曲は第4楽章が大いに盛り上がりを見せてくれました。

2011年2月19日(土) 18:00
東京芸術劇場
ゲルト・アルブレヒト指揮
読売日本交響楽団
ヴァイオリン::神尾真由子

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

アンコール
パガニーニ:24のカプリスより 第21番

ブラームス:交響曲第2番


« 米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2011/2/13) | トップページ | 読響 第501回定期演奏会(2011/2/25) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/50920085

この記事へのトラックバック一覧です: 読響 第180回東京芸術劇場名曲シリーズ(2011/2/19):

« 米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2011/2/13) | トップページ | 読響 第501回定期演奏会(2011/2/25) »