2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 最近購入したチケット | トップページ | 読響 第180回東京芸術劇場名曲シリーズ(2011/2/19) »

2011年2月13日 (日)

米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2011/2/13)

大好きなヴァイオリニストの米元響子さんのリサイタルを聴きに千葉まで行ってきました。本千葉の駅からそれほど遠くないところにあった千葉県文化会館は、なかなかのホールでした。ヴァイオリンのリサイタルには、少し大きかったようで、空席もちらほら。しかし米元さんのリサイタル、素晴らしかったです。ピアニストは佐藤さんでしたが、このお二人を聴くのは、2年前の桐生以来です。本日のプログラムは、前半にモーツァルトとシュトラウスのソナタ、後半はチャイコフスキーやクライスラー、ラヴェルなどのヴァイオリン名曲集です。前半はピンクのドレスで演奏した米元さん、シュトラウスもなかなかの演奏でしたが、モーツァルトが春を思わせる、素晴らしい演奏でした。特に第2楽章が絶品でした。後半は、黒を基調としたドレスに着替えた米元さん、チャイコフスキーがしみじみと心に響く、素晴らしい演奏でした。クライスラーも何度聴いても良いですね。できれば、得意の「レチタティーヴォとスケルツォ」で、ヴァイオリンの音色をホール中に響き渡らせて欲しかったです。以前よりも表現力が増したような気がして、大満足のリサイタルでした。終演後にはサイン会があり、プログラムにサインをいただきました。

2011年2月13日(日) 14:00
千葉県文化会館・大ホール
ヴァイオリン:米元響子
ピアノ:佐藤卓史

モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタK.301
R.シュトラウス: ヴァイオリン・ソナタ
チャイコフスキー: 憂鬱なセレナーデ
クライスラー: 愛の悲しみ
クライスラー: 愛の喜び
クライスラー: シンコペーション
ラヴェル: ハバネラ形式の小品
ラヴェル: ツィガーヌ

アンコール
クライスラー: 中国の太鼓


« 最近購入したチケット | トップページ | 読響 第180回東京芸術劇場名曲シリーズ(2011/2/19) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/50889422

この記事へのトラックバック一覧です: 米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2011/2/13):

« 最近購入したチケット | トップページ | 読響 第180回東京芸術劇場名曲シリーズ(2011/2/19) »