2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 都響 プロムナード コンサート No.343(2011/4/24) | トップページ | 松本紘佳さん »

2011年4月29日 (金)

東京シティ・フィル 東日本大震災復興支援演奏会(2011/4/29)

小林美樹さんのショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番を聴きに初台へ。ここ初台でのショスタコーヴィチは、昨年の日本音楽コンクールを思い出します。そういえば、そのときのオケも東京シティ・フィルでした。本日のソリスト小林さんは、今までにリサイタルを2度聴いたことがあるのですが、すばらしい音色の持ち主です。現在ウィーンに留学中とのことですので、これからが非常に楽しみなヴァイオリニストです。小林さんの演奏は、やはり音色がとても綺麗で、うっとりしてしまうほどでした。熱すぎず、クールすぎずのいい感じのショスタコーヴィチでした。このあたりは留学の成果が現れているのでしょうか。また演奏態度もとても落ち着いていて、大ベテランの演奏を聴いているかのような、すばらしい演奏でした。いつか、チャイコフスキーやメンデルスゾーンの協奏曲を、すばらしい音色で聴いてみたいものです。なお小林さんは5月1日にラ・フォル・ジュルネの丸ビルのエリアコンサートでエルガーの愛の挨拶やベートーヴェンの春の第1楽章などを演奏するようです。休憩後のワーグナーは、小林さんのスケールの大きなヴァイオリンに比べると、とてもあっさりとした演奏に聴こえました。チャイコフスキーの交響曲全曲シリーズのチケットを購入してしまったので、今日のようにあっさり演奏されるのかと思うと、ちょっと心配です。

2011年4月29日(金) 14:00
東京オペラシティ
飯守泰次郎指揮
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ヴァイオリン:小林美樹

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

ワーグナー
「ワルキューレ」よりワルキューレの騎行
ジークフリート牧歌
「神々の黄昏」より夜明けとジークフリートのラインへの旅
「ローエングリン」より第1幕への前奏曲
「ローエングリン」より結婚行進曲
「ローエングリン」より第3幕への前奏曲

« 都響 プロムナード コンサート No.343(2011/4/24) | トップページ | 松本紘佳さん »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ショスタコーヴィチですか。良いですね。
私が最後にこの曲を生で聴いたのは、3年ほど前の鈴木愛理さんの演奏です。彼女のショスタコーヴィチの熱演は今でも忘れられません。大好きな曲なので、また近々コンサートに行って聴こうと思います。

ヒデさん、コメントありがとうございます。

3年前の鈴木愛理さんの演奏は川崎ですか?
そのすばらしい演奏は、わたしも聴いて大変感銘を受けました。それ以来、鈴木さんの演奏は聴き逃せなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/51532073

この記事へのトラックバック一覧です: 東京シティ・フィル 東日本大震災復興支援演奏会(2011/4/29):

« 都響 プロムナード コンサート No.343(2011/4/24) | トップページ | 松本紘佳さん »