2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

東京シティ・フィル 東日本大震災復興支援演奏会(2011/4/29)

小林美樹さんのショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番を聴きに初台へ。ここ初台でのショスタコーヴィチは、昨年の日本音楽コンクールを思い出します。そういえば、そのときのオケも東京シティ・フィルでした。本日のソリスト小林さんは、今までにリサイタルを2度聴いたことがあるのですが、すばらしい音色の持ち主です。現在ウィーンに留学中とのことですので、これからが非常に楽しみなヴァイオリニストです。小林さんの演奏は、やはり音色がとても綺麗で、うっとりしてしまうほどでした。熱すぎず、クールすぎずのいい感じのショスタコーヴィチでした。このあたりは留学の成果が現れているのでしょうか。また演奏態度もとても落ち着いていて、大ベテランの演奏を聴いているかのような、すばらしい演奏でした。いつか、チャイコフスキーやメンデルスゾーンの協奏曲を、すばらしい音色で聴いてみたいものです。なお小林さんは5月1日にラ・フォル・ジュルネの丸ビルのエリアコンサートでエルガーの愛の挨拶やベートーヴェンの春の第1楽章などを演奏するようです。休憩後のワーグナーは、小林さんのスケールの大きなヴァイオリンに比べると、とてもあっさりとした演奏に聴こえました。チャイコフスキーの交響曲全曲シリーズのチケットを購入してしまったので、今日のようにあっさり演奏されるのかと思うと、ちょっと心配です。

2011年4月29日(金) 14:00
東京オペラシティ
飯守泰次郎指揮
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ヴァイオリン:小林美樹

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

ワーグナー
「ワルキューレ」よりワルキューレの騎行
ジークフリート牧歌
「神々の黄昏」より夜明けとジークフリートのラインへの旅
「ローエングリン」より第1幕への前奏曲
「ローエングリン」より結婚行進曲
「ローエングリン」より第3幕への前奏曲

2011年4月24日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.343(2011/4/24)

東京都交響楽団のプロムナード コンサートを聴きにサントリーホールへ。はじめに、指揮者のハンヌ・リントゥさんから、このたびの震災に対する哀悼の意が述べられ、バッハのアリアが演奏され、黙祷がささげられました。
本日のプログラムはシベリウスが中心で、ヴァイオリン協奏曲はコンコルドでした。ソリストは急に豊嶋泰嗣さんに変更になっていましたが、これが大正解。すばらしいコルンゴルトでした。ときには甘く、ときには渋く、ヴァイオリンの音色が最高です。オケもすばらしい伴奏で豊嶋さんを盛り上げてくれました。順序が逆になりましたが、1曲目のタピオラも見事な演奏でした。後半は交響曲第5番も良かったのですが、フィンランディアがすばらしい演奏でした。都響の弦楽、とくにチェロの音が心に響きました。これからも、すばらしい演奏をお願いします。

2011年4月24日(日) 14:00
サントリーホール
ハンヌ・リントゥ指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:豊嶋泰嗣

シベリウス:交響詩「タピオラ」
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス: 交響曲第5番
シベリウス:交響詩「フィンランディア」

2011年4月10日 (日)

埼玉県小川町 桃源郷

来た道を小川方向へ戻り、県道273号でときがわ町へ行こうとしたところ、桃源郷の看板が目にとまりました。駐車場に車を止めて歩いて行ってみると、まさしく桃源郷がありました。










埼玉県寄居町 鉢形城 エドヒガン

つづいて寄居町の鉢形城跡のエドヒガンザクラを見てきました。ここは大きな駐車場ときれいなトイレがあるので便利です。


埼玉県東秩父村 花桃の郷

埼玉県東秩父村の花桃の郷を見てきました。昨年よりも分かりやすいところに、駐車場ができていました。ピンクの花桃が素敵でした。












2011年4月 7日 (木)

河村尚子 ピアノ・リサイタル(2011/4/7)

夕方は河村尚子さんのリサイタルを聴きに上野へ。河村尚子さんは協奏曲を聴いたことがあるのですが、リサイタルは初めてです。バッハで始まりバッハで終わったのですが、今夜のリサイタルすばらしかったです。なかでもシュトラウスとワーグナーそしてリストの巡礼の年は、スケールの大きな演奏で会場がピアノと同化したような感じでした。また場内は空調の音が聞こえてくるくらい静かだったため、ピアノの音色がいっそう魅力的に聴こえてきました。今日のお客さんに感謝です。
河村さんは5月にニューアルバムのレコーディングがあるようですが、リリースが今から待ち遠しいですね。

2011年4月7日(木) 19:00
東京文化会館 小ホール
ピアノ:河村尚子

~リストへの旅ー生誕200年に寄せて

J.S.バッハ(ブゾーニ編)
 コラール前奏曲「主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ」BWV639
 シャコンヌ
R.シュトラウス:5つの小品
ワーグナー(リスト編):イゾルデの愛の死
シューベルト(リスト編):
 糸を紡ぐグレートヒェン
 《美しい水車小屋の娘》より「水車屋と小川」
シューマン(リスト編):献呈
リスト:
 《愛の夢》第3番[試聴]
 《巡礼の年 第2年 イタリア》より「ダンテを読んで」

アンコール
J.S.バッハ(ペトリ編):
羊は安らかに草をはみ

麻生川の桜並木

次の目的地は、柿生駅です。こちらの桜並木もすばらしい。新百合ヶ丘駅まで、のんびりと散歩しました。






引地川歩道の千本桜

今日は夕方に河村尚子さんのリサイタルがあります。休みが取れたので、ひさしぶりに散歩してきました。目指すは、小田急江ノ島線の千本桜です。高座渋谷駅でおりると目印がでているので、迷わず目的地にたどり着くことができました。引地川沿いに桜並木がずらり、すばらしい景観でした。のんびりと桜ヶ丘駅まで散歩しました。






« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »