2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« SACDプレイヤー購入 | トップページ | 群馬県みどり市 笠懸のひまわり »

2011年9月29日 (木)

新日本フィルハーモニー交響楽団(2011/9/29)

待望の松本紘佳さんのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を聴きに武蔵野市民文化会館へ行ってきました。ここは特色のある演奏会のチラシで前から気になっており、どんなホールか楽しみにしていましたが、普通のホールでした。指揮者は、かなりの長身で1曲目の序曲からすばらしい演奏をしてくれました。純白のドレスがとてもまぶしかった松本さんですが、協奏曲を聴くのははじめてでしたが第1楽章のカデンツァはすばらしいものがありました。また、しっとりとした第2楽章、歌心にあふれていた第3楽章、期待していた以上のすばらしい演奏で、心から感動しました。11月のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲も今からとても楽しみです。

2011年9月29日(木) 19:00
武蔵野市民文化会館
ジョナサン・シフマン指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン::松本紘佳

ベートーヴェン
序曲「エグモント」
ヴァイオリン協奏曲
アンコール
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番より≪アダージョ≫

交響曲第7番
アンコール
エルガー:愛の挨拶

« SACDプレイヤー購入 | トップページ | 群馬県みどり市 笠懸のひまわり »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ボッシュさん、こんばんは。
新日フィルとのベートーヴェン。松本さんの持つ純粋さや音楽の誠実さが、非常に生きていましたね。カデンツァの見事さや、演奏の緻密さも素晴らしかったし、音色の美しさは特筆ものでした。オーケストラも気持ちのこもった演奏をしていて、すがすがしい魅力がありました。
23日の小ホールでのReyesさんというベルギーの女性ピアニストとのフランクも聴きに行ったのですが、まさに絶品でした。満場のホールが興奮、アンコールのサン=サーンスで更に興奮。
いやはや、凄い演奏家だと再確認。
サイン会では、ピアニストとバクリさん(作曲家)と並んでサインをしてくれました。

KIKIさん、こんばんは。コメントありがとうございます。カデンツァ見事でしたね。音色もよかったです。本当にすごいヴァイオリニストですね。チャイコフキーが楽しみです。23日は行けなかったのですが、サイン会があったのですか。残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/52880494

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本フィルハーモニー交響楽団(2011/9/29):

« SACDプレイヤー購入 | トップページ | 群馬県みどり市 笠懸のひまわり »