2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 東京シティ・フィル 第27回ティアラこうとう定期演奏会(2011/11/26) | トップページ | ベートーヴェンの第9あれこれ その1 »

2011年11月27日 (日)

飯森範親×青島広志 東京交響楽団(2011/11/27)

2日続けてのチャイコフスキーです。松本さんのヴァイオリン協奏曲が目当てでチケットを取りました。前半はバレエ音楽の有名なところが青島さんと飯森さんのトークを交えて演奏されました。それにしても青島さん、時間に追われているかのような早口でした。赤いドレスの松本さん、今日の演奏はとても情熱的でした。松本さんのすばらしい演奏のおかげでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が今でも頭の中で鳴っています。それにしても松本さん、まだ高校生なのに節回しが絶品です。わたしの2011年のコンサートはこれで打ち止めです。思い起こせば、松本さんは震災直後に横浜で、すばらしいコンサートを開いてくれました。ほんとうに感謝、感謝です。いつかブラームスの協奏曲を聴いてみたいです。

2011年11月27日(日) 14:00
なかのZERO大ホール
飯森範親指揮
東京交響楽団
ヴァイオリン:松本紘佳

チャイコフスキー
眠りの森の美女よりワルツ
白鳥の湖より情景
くるみ割り人形より金平糖の踊り、トレパック、花のワルツ
ヴァイオリン協奏曲
交響曲第5番より第4楽章

アンコール
弦楽セレナーデより第2楽章

« 東京シティ・フィル 第27回ティアラこうとう定期演奏会(2011/11/26) | トップページ | ベートーヴェンの第9あれこれ その1 »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、これまで多くの演奏家を演奏会で聴いてきましたが、松本さん、心憎いほど繊細な音色と表現。
第1楽章をこれほどじっくり聴かせる演奏にはなかなか出合えないのでは。カデンツァの見事さはこの人の真骨頂。
繊細極まりない美しい音色で描いた第2楽章、一転して鮮やかに情熱的に演奏された第3楽章。
堂々としたステージ・プレゼンツ。でも第1楽章と第2楽章の間で入った拍手に会釈で答えた表情、可愛かったですね。
ボッシュさん同様、今年の演奏会聴きおさめにしようと思い。感謝。
次回は是非定期演奏会で聴きたい。

KIKIさん、こんばんは。
いやぁ、すばらしいチャイコフスキーでした。
カデンツァも本当に見事でした。
KIKIさん、おっしゃられるように見事な表現力です。
いつか定期演奏会で聴いてみたいですね。
コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/53348222

この記事へのトラックバック一覧です: 飯森範親×青島広志 東京交響楽団(2011/11/27):

« 東京シティ・フィル 第27回ティアラこうとう定期演奏会(2011/11/26) | トップページ | ベートーヴェンの第9あれこれ その1 »