2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

飯森範親×青島広志 東京交響楽団(2011/11/27)

2日続けてのチャイコフスキーです。松本さんのヴァイオリン協奏曲が目当てでチケットを取りました。前半はバレエ音楽の有名なところが青島さんと飯森さんのトークを交えて演奏されました。それにしても青島さん、時間に追われているかのような早口でした。赤いドレスの松本さん、今日の演奏はとても情熱的でした。松本さんのすばらしい演奏のおかげでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が今でも頭の中で鳴っています。それにしても松本さん、まだ高校生なのに節回しが絶品です。わたしの2011年のコンサートはこれで打ち止めです。思い起こせば、松本さんは震災直後に横浜で、すばらしいコンサートを開いてくれました。ほんとうに感謝、感謝です。いつかブラームスの協奏曲を聴いてみたいです。

2011年11月27日(日) 14:00
なかのZERO大ホール
飯森範親指揮
東京交響楽団
ヴァイオリン:松本紘佳

チャイコフスキー
眠りの森の美女よりワルツ
白鳥の湖より情景
くるみ割り人形より金平糖の踊り、トレパック、花のワルツ
ヴァイオリン協奏曲
交響曲第5番より第4楽章

アンコール
弦楽セレナーデより第2楽章

2011年11月26日 (土)

東京シティ・フィル 第27回ティアラこうとう定期演奏会(2011/11/26)

今日は東京シティ・フィルのチャイコフスキー全曲シリーズの第2回を聴いてきました。1曲目はピアノ協奏曲でしたが、ソリストの梅村知世さんが大活躍でした。堂々とした演奏でピアノの音が響き渡っていました。オケの状態もすばらしく、名曲らしい名演奏でした。休憩後の交響曲第5番はオケが大活躍です。ホールの床のせいかもしれませんが、体中に響いてきました。6月に3番と4番を聴いたときよりも、すばらしい演奏でした。チャイコフスキーシリーズの今後がとても楽しみです。

2011年11月26日(土) 15:00
ティアラこうとう
飯守泰次郎指揮
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ピアノ:梅村知世

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー:交響曲第5番

2011年11月18日 (金)

東京文化会館レクチャーコンサート第3回「日本発信の輝かしきマリンバ音楽の歴史」(2011/11/18)

久しぶりの更新です。寒くなってきました。今日は東京文化会館のレクチャーコンサートに行ってきました。本日登場したのはマリンバの安倍圭子さんです。安倍さんはマリンバはマイナーな楽器だとおっしゃっており、私も実際にマリンバを聴くのははじめてでしたが、とても楽しい演奏会でした。打楽器の音は刺激的でうるさいのかなと想像していたのですが、とてもまろやかな音色にびっくりしました。また意外と低音が伸びておりました。前半は、なんといってもマリンバ・スピリチュアルがすばらしかったです。1984年にアムステルダム・コンセルトヘボウ・コンサートホールにて世界初演されたという曲ですが、本日はスペシャルバージョンとして安倍さんの編曲によるものが演奏されました。秩父屋台囃子をもとにしたというパートの打楽器を桐朋学園大学のみなさんがすばらしい演奏を披露してくれました。この曲のあと休憩だったのですが、ロビーではみなさんが「来て良かった」とお褒めの言葉を口にしていました。ホールの熱気が伝わったのか、後半もノリにのった、とても楽しい演奏会でした。また安倍さんの穏やかな語り口のトークも聞いていてとても楽しく、時間が短く感じられた、すばらしいコンサートでした。

2011年11月18日(金) 19:00
東京文化会館 小ホール
マリンバ:安倍圭子
特別出演:塚田吉幸
共演:桐朋学園大学打楽器科

安倍圭子:古代からの手紙
三善晃:トルス III より「テーゼ」
田中利光:マリンバのための二章より第1楽章
末吉保雄:ミラージュ~マリンバのための~
三木稔(安倍圭子編曲):マリンバ・スピリチュアル(スペシャル・バージョン)
安倍圭子:道 II
安倍圭子:祭りの太鼓
安倍圭子:風紋 II
安倍圭子:わらべ歌リフレクションズ III

アンコール
ドナドナ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »