2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« ケンペ ウィンナ・ワルツ・コンサート | トップページ | 鎌倉の冬牡丹 »

2012年1月 4日 (水)

アドリアン・ユストゥス ラ・カンパネラ

無線と実験、ステレオサウンド、レコード芸術でとりあげられていたため、興味を持ったディスクです。たまたま寄った秋葉原のオーディオ・ショップ、テレオンの2号店でかかっていたので、その場で購入しました。店員さんいわく、なかなか録音がよいとのことでした。アドリアン・ユストゥスは日本では無名で、わたしもまったく知りませんでしたが、名ヴァイオリニストの黒沼ユリ子さんが大絶賛しているメキシコを代表するヴァイオリニストとのことです。黒沼さんは彼のことを「歌うヴィルトゥオーゾ」と呼んでいます。演奏は「歌うヴィルトゥオーゾ」と呼ばれるだけあって、情感たっぷりの演奏です。録音は非常にシャープで、ホールの音も見事に収録されています。気になったのは、ときどきキーンという音がかすかに聞こえたことです。ヘッドホンがないので確かめられないのですが、ホールのノイズでしょうか。なお2012年1月19日に紀尾井ホールでパガニーニのカプリスを全曲演奏し、ライブ録音するようです。演奏会にはいけませんが、カプリスのディスクが発売されたら購入しようと思います。



ヴァイオリン:アドリアン・ユストゥス
ピアノ:ラファエル・ゲーラ

シェリング:古典的前奏曲(ヴァイオリンとピアノのための)
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番
ポンセ:ソナタ・ブレーヴェ(ヴァイオリンとピアノのための)
パガニーニ:カプリスより21番、6番、17番
パガニーニ:ラ・カンパネラ(オリジナル版)
ポンセ:小さな星(エストレジータ)
サラサーテ:サパテアード
ドヴォルザーク(クライスラー編):スラブ舞曲第2番
2011年1月13日 紀尾井ホールにてのライブ録音
当日の演奏を収録したDVDもついてます。

« ケンペ ウィンナ・ワルツ・コンサート | トップページ | 鎌倉の冬牡丹 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/53644579

この記事へのトラックバック一覧です: アドリアン・ユストゥス ラ・カンパネラ:

« ケンペ ウィンナ・ワルツ・コンサート | トップページ | 鎌倉の冬牡丹 »