2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 吉野梅郷 | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.348(2012/4/28) »

2012年4月24日 (火)

諏訪内晶子 ヴァイオリン・リサイタル(2012/4/24)

今日は初夏の陽気でした。久しぶりのコンサートです。諏訪内晶子さんのヴァイオリンを聴きに与野本町のさいたま芸術劇場に行ってきました。このホールで諏訪内晶子さんを聴くのは4年振りです。諏訪内さんの人気はさすがで満席でした。ブルーのドレスで登場した諏訪内さんの演奏は、前半はブロッホがすばらしい熱演でした。弦の音が美しい音響のホールに響き渡っていました。またピアニストのイタマール・ゴランさん、はじめて聴いたのですが、とてもすばらしいピアニストでした。シューベルトでは繊細な演奏でしたが、ブロッホでは火が出るような演奏でした。後半はエネスコのソナタがすばらしい熱演でした。久しぶりに聴いた諏訪内さん、アンコールは3曲も演奏してくれて、元気そうでとても安心しました。サイン会はたくさんの人が並んでいたので、パスしてしまいました。来週は軽井沢で神尾さんのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を聴きます。

2012年4月24日(火) 19:00
彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
ヴァイオリン:諏訪内晶子
ピアノ:イタマール・ゴラン

シューベルト:ヴァイオリン・ソナチネ第2番
ブロッホ:組曲《バール・シェム》より〈ニーグン〉
ファリャ:スペイン民謡組曲
バルトーク: ルーマニア民俗舞曲
エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3番「ルーマニアの民俗様式で」

アンコール
シャミナード(クライスラー編):スペインのセレナード
クライスラー:シンコペーション
ドビュッシー(ハルトマン編):亜麻色の髪の乙女

20120424-DSCN0509
開場前の様子。

20120424-DSCN0511
後半の演奏順が変更されました。

20120424-DSCN0512
アンコール曲です。

« 吉野梅郷 | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.348(2012/4/28) »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/54558507

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪内晶子 ヴァイオリン・リサイタル(2012/4/24):

« 吉野梅郷 | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.348(2012/4/28) »