2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 都響 作曲家の肖像 Vol.90《マーラー》(2012/11/3) | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.351(2012/11/23) »

2012年11月11日 (日)

小林美樹さんのショスタコーヴィチを聴く

題名のない音楽会を見ていたら、未来の大器リターンズというタイトルで、小林美樹さんと篠原悠那さんが出演していました。篠原悠那さんは、ほんの少ししか実演を聴いたことがないのですが、天才少女というイメージが強かったのですが、いいキャラを出していましたね。リサイタルがあったら聴きに行きたいですね。
小林美樹さんは、リサイタルと協奏曲を聴いたことがあるのですが、風格が出てきましたね。少し前に購入したデビュー盤のSACDを十分に暖めた真空管のアンプで聴いてみたのですが、すばらしい演奏でした。オペラシティでのライブ録音で、わたしは当日客席でも聴いたのですが、SACDで聴く音のほうが迫力がありました。飯守泰次郎さんの指揮する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団もすばらしいサウンドです。演奏はもちろんのこと、録音も大変すばらしいのでオーディオファンにもお勧めの一枚です。

2012111201

1.ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 op.77
2.プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調 op.94

小林美樹(ヴァイオリン)
小林有紗(ピアノ:2)
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(1)
飯守泰次郎(指揮:1)

録音時期:2011年4月29日(1)、2011年8月16-17日(2)
録音場所:東京オペラシティ・コンサートホール(1)、かながわアートホール(2)
DSD録音:ライヴ(1)、セッション(2)

« 都響 作曲家の肖像 Vol.90《マーラー》(2012/11/3) | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.351(2012/11/23) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

久し振りにお邪魔します。
ネットワークプレイヤーを始めたそうですね。
記事を楽しみにしています。

おひさしぶりです。
ブログ拝見しています。

ネットワークプレイヤーは
パイオニアのN-30を購入しました。
エージング中なので、もうしばらくしたら
記事にしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/56100098

この記事へのトラックバック一覧です: 小林美樹さんのショスタコーヴィチを聴く:

« 都響 作曲家の肖像 Vol.90《マーラー》(2012/11/3) | トップページ | 都響 プロムナード コンサート No.351(2012/11/23) »