2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月23日 (土)

CHANEL Pygmalion Days 千葉清加(2013/3/23)

また一人すばらしいヴァイオリニストを発見しました。千葉清加さんです。なかなか聴く機会がなかったのですが、やっと聴くことができました。本日のプログラムはベートーヴェン、千葉さんは堂々としてすばらしい演奏でした。ピアニストの稲積さんも見事なベートーヴェンでした。もっと聴いていたい、そんなコンサートでした。いつかお二人のリサイタルを聴いてみたいです。

2013年3月23日(土) 17:00
CHANEL NEXUS HALL
ヴァイオリン:千葉清加
ピアノ:稲積亜紀子

ベートーヴェン:ロマンス第2番
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」

アンコール
マスネ:タイスの瞑想曲

2013年3月17日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.352(2013/3/17)

都響のプロムナードを聴いてきました。本日のプログラムはガーシュウィンとバーンスタイン、なんとなく「題名のない音楽会」のようでした。ラプソディ・イン・ブルーでの山下洋輔さん、やはりというか、すごいものでありました。ジャズのピアノもいいものですね。
なお、演奏会の冒頭に、先日亡くなった指揮者のデプリースト氏を追悼して、バーバーの弦楽のためのアダージョが演奏されました。

2013年3月17日(日) 14:00
サントリーホール
アンドリュー・リットン指揮
東京都交響楽団
ピアノ:山下洋輔

ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

アンコール
ガーシュウィン:サマータイム

バーンスタイン:「キャンディード」序曲
バーンスタイン:「ウェスト・サイド・ストーリー」より〈シンフォニック・ダンス〉

アンコール
バーンスタイン:「ディヴェルティメント」からワルツ

2013年3月 9日 (土)

ハイティンク指揮ロンドン交響楽団(2013/3/9)

昨夜は、井端の渾身のヒットでした。久しぶりに野球で感動しました。気分を良くして、またまたハイティンクを聴きにサントリーホールへ行ってきました。今日は初夏を思わせるほど、暖かったです。1曲目のブリテンは、さすがの演奏でした。もっとブリテンの曲が聴きたくなってしまいました。続いてモーツァルトの17番、この曲はでだしから素敵なメロディが始まります。ピリスの演奏はひとつの境地を迎えたかのような演奏、今度若いころの録音を聴いてみます。休憩後の7番、いい演奏です。オケも対抗配置でいい音です。残念なことに途中、4時くらいにアラーム音が結構な音量で響いてしまいました。

2013年3月9日(土) 14:00
サントリーホール
ベルナルト・ハイティンク指揮
ロンドン交響楽団
ピアノ:マリア・ジョアン・ピリス

ブリテン:オペラ『ピーター・グライムズ』から「4つの海の間奏曲」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番
ベートーヴェン:交響曲第7番

アンコール
メンデルスゾーン:『真夏の夜の夢』から「スケルツォ」

2013年3月 7日 (木)

ハイティンク指揮ロンドン交響楽団(2013/3/7)

待ちに待ったハイティンクです。シカゴとの英雄の生涯が絶品だったので、いやがおうにも期待に胸が膨らみます。1曲目はピリスのベートーヴェンの2番でした。ヤマハのピアノでしたが、モーツァルト風のベートーヴェンでした。個人的には昨年の9月に聴いた上原さんのほうが好みでした。休憩後のブルックナーは、見事な演奏。特に後半がすばらしい。元気なハイティンクを聴くことができて、良かったです。フライングブラボーもなく、温かい拍手が終わることもなく続いていました。なお会場にはアルミンクが来ていました。

2013年3月7日(木) 19:00
サントリーホール
ベルナルト・ハイティンク指揮
ロンドン交響楽団
ピアノ:マリア・ジョアン・ピリス

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
ブルックナー:交響曲第9番

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »