2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 都響 プロムナード コンサート No.353(2013/4/21) | トップページ | ネットワークプレイヤー(リッピング編) »

2013年4月29日 (月)

ネットワークプレイヤー(導入編)

パイオニアのネットワークプレイヤーN-30を導入しました。もともとは、マランツのNA-11S1を購入予定でアバックの試聴会まで行ったのですが、かんじんの物が在庫なしで、いったん白紙にもどしました。マランツの担当者が精神論とデバイスの話ばかりだったのも、冷めてしまった原因です。もう少し音楽的な話題があれば。
そこでネットワークプレイヤーのブランドをマランツとヤマハ、パイオニアに絞って、再検討することにしました。それぞれ気になったところを記入していきます。

マランツ NA-11S1 AIFFに対応していない。
マランツ NA7004 AIFFに対応していないこととFLACが96KHzまでなところ。
パイオニア N-50 特になし。
ヤマハ CD-N500 検討していた時はAIFFに対応していなかった。
ヤマハ NP-S2000 デジタル出力が192/24に対応していない。

そんなわけでパイオニアのN-50に大きく心が傾いたのですが、あとから外付けのDACを購入するとUSB-DACの機能も必要ないなと思い、N-30に機種を決定しました。無線LANの環境が整っていたので、まったくトラブルなくすんなりと設置することができました。マランツのNA-11S1に比べて大幅に予算が削減されたので、NASなどの周辺機器を当初考えていたものよりもひとつ上のものを導入しました。

バッファローの無線機器はルーターとしてでなくブリッジとして動作しています。バッファローの取扱説明書どおりに接続、とても簡単でした。そこからアライドテレシスのハブにケーブルを接続し、ハブにN-30とバッファローのNASの接続です。N-30とNASのIPアドレスはひかり電話のルーターからアドレスを取得するのではなく、固定IPアドレスに設定を変更しました。念のためにNASにはオムロンの無停電電源装置を用意しました。LANケーブルはカテゴリ6が良いと雑誌に載っていたのでエレコムのものを使用しました。すこしクールな音ですが、この価格からはとても信じられない音がでてきました。これからが楽しみです。続く。

01

« 都響 プロムナード コンサート No.353(2013/4/21) | トップページ | ネットワークプレイヤー(リッピング編) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/57273882

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークプレイヤー(導入編):

« 都響 プロムナード コンサート No.353(2013/4/21) | トップページ | ネットワークプレイヤー(リッピング編) »