2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

North Star Design Essensio購入

North Star DesignのEssensioというDACを少し前に購入しました。エージングもいい感じに進んできました。パイオニアのN-30単体でも充分ないい音でしたが、もうすこし、プラスアルファが欲しくて当初の予定どおりDAC導入を検討しました。ネットや雑誌での情報は、ラックスやティアックのDACが良さそうでしたが、販売店の勧めもあって、試聴もせずEssensioに決めました。Essensioは「美音」で評判のようですが、まさしく美音で、大正解でした。弦やピアノの音に潤いが加わったようです。モーツァルトの39番なんか最高です。現在はN-30だけでなくマランツのSA-11S2のCDのデジタル出力にも使用しています。CECのCDプレイヤーは60~70年代のアナログ録音のCDをかけると何とも言えない音がでてくるので、そのときの気分によって使い分けています。それにしてもハーベスというスピーカーは、ハイレゾもうまく再生してくれるし、奥が深いスピーカーですね。いま書店に並んでいるオーディオアクセサリーという雑誌に評論家の石原氏がインプレッションを書いていますが、わたしもハーベスに関してはその通りだと思います。

2013年5月20日 (月)

ネットワークプレイヤー(ハイレゾ FLAC編)

Linn RecordsからFLAC 24bit 192kHzのハイレゾをダウンロードしました。曲はバッハの無伴奏チェロ組曲です。チェロはリチャード・タニクリフです。バロックの演奏なので、最初はなじめなかったのですが、何度も聴くうちに違和感がなくなってきました。NASはファンレスではないため、騒音対策のため隣の部屋に設置してあり、その分LANケーブルを引き回していますが、192kHzのファイルということですが、音飛びもなく快適に鳴っています。このチェロの録音は、大変すばらしい録音でした。

09

2013年5月13日 (月)

ネットワークプレイヤー(ハイレゾ WAV編)

e-onkyoのサイトからハイレゾを購入しました。村治佳織さんのアランフェス協奏曲です。フォーマットはWAVです。この録音は非常に有名な録音なのですが、CDを聴いたことがないので比較はできませんが、とてもすばらしいサウンドです。スピーカーが生き返ったような感じです。真空管のアンプもあっているようです。久しぶりに聴き惚れてしまいました。ジャケット画像はちょっとですね。

08

2013年5月 6日 (月)

ネットワークプレイヤー(リッピング編)

前回の続きです。今回はリッピング編です。雑誌などではリッピングのソフトウェアもたくさん紹介されていますが、わたしが利用しているのはアップルのiTunes(Windows版)です。慣れ親しんだソフトウェアなため、ほかのソフトウェアに乗り換えることができませんでした。リッピングの形式はAIFFで行っています。リッピングしたファイルの先頭にトラック番号を自動で付加してくれるので、とても便利です。注意するところは、ベートーヴェンの第9など独唱や合唱などの複数のアーチストが参加している場合に、iTunesがオーケストラとは別のフォルダにリッピングしたファイルを保存してしまうことがある点です。なおドライブは外付けのパイオニアのDVR-XD10Jです。速度もまずまずで快適にリッピングしています。NASにアルバムごとのフォルダを作成し、リッピングしたAIFF形式のファイルをコピーしていきます。アルバムのアートワークは特に保存していません。

02_2

shareというフォルダがファイルを保存するフォルダです。

iPhoneをリモコンとして使用した場合の画面です。一番下のフォルダーというのが、さきほどのNASのshareというフォルダです。きびきびとした動作で選曲も快適です。なお、わたしが使用しているバッファローのNASではポーズが効きませんでした。このあたり気になる人は注意ですね。わたしはCDプレイヤーでポーズはめったに利用しないので、とくに不便は感じていません。それよりも曲がCDをまたがってしまっているのをひとつのフォルダに保存すると通しで聴くことができるので、ネットワークプレイヤーはとても便利です。音質に少しアクセントをつけるため、ゾノトーンの6N2P-3.5Blue Powerという電源ケーブルを投入しました。これからが楽しみです。続く。

06_4

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »