2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« ネットワークプレイヤー(導入編) | トップページ | ネットワークプレイヤー(ハイレゾ WAV編) »

2013年5月 6日 (月)

ネットワークプレイヤー(リッピング編)

前回の続きです。今回はリッピング編です。雑誌などではリッピングのソフトウェアもたくさん紹介されていますが、わたしが利用しているのはアップルのiTunes(Windows版)です。慣れ親しんだソフトウェアなため、ほかのソフトウェアに乗り換えることができませんでした。リッピングの形式はAIFFで行っています。リッピングしたファイルの先頭にトラック番号を自動で付加してくれるので、とても便利です。注意するところは、ベートーヴェンの第9など独唱や合唱などの複数のアーチストが参加している場合に、iTunesがオーケストラとは別のフォルダにリッピングしたファイルを保存してしまうことがある点です。なおドライブは外付けのパイオニアのDVR-XD10Jです。速度もまずまずで快適にリッピングしています。NASにアルバムごとのフォルダを作成し、リッピングしたAIFF形式のファイルをコピーしていきます。アルバムのアートワークは特に保存していません。

02_2

shareというフォルダがファイルを保存するフォルダです。

iPhoneをリモコンとして使用した場合の画面です。一番下のフォルダーというのが、さきほどのNASのshareというフォルダです。きびきびとした動作で選曲も快適です。なお、わたしが使用しているバッファローのNASではポーズが効きませんでした。このあたり気になる人は注意ですね。わたしはCDプレイヤーでポーズはめったに利用しないので、とくに不便は感じていません。それよりも曲がCDをまたがってしまっているのをひとつのフォルダに保存すると通しで聴くことができるので、ネットワークプレイヤーはとても便利です。音質に少しアクセントをつけるため、ゾノトーンの6N2P-3.5Blue Powerという電源ケーブルを投入しました。これからが楽しみです。続く。

06_4

« ネットワークプレイヤー(導入編) | トップページ | ネットワークプレイヤー(ハイレゾ WAV編) »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/57325350

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークプレイヤー(リッピング編):

« ネットワークプレイヤー(導入編) | トップページ | ネットワークプレイヤー(ハイレゾ WAV編) »