2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月23日 (日)

最近購入したチケット

写真は、昨日撮影した新宿御苑のあじさい。新しいレンズを購入したので、テスト撮影に行ってきました。さて、ひさしぶりにチケットを購入しました。五嶋みどりさんのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。いまから楽しみですね。

2014年3月21日 リッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
サントリーホール

20130622k52s0197

20130622k52s0198_2

2013年6月16日 (日)

ボッケリーニのギター五重奏曲

雨も上がり、夕方から暑くなってきました。こんなときこそ音楽です。今日はボッケリーニのギター五重奏曲を選んでみました。ボッケリーニはチェロ協奏曲やメヌエットで知られていますが、ギター五重奏曲もなかなか良い曲でした。チェロが大活躍で、スピーカーからいい感じに聴こえてきます。今日聴いたディスクは、雑誌「無線と実験」で紹介されていましたが、超優秀録音です。特に1曲目の弦楽五重奏曲ハ長調 G.324が、すばらしい録音です。

2012061601
1.弦楽五重奏曲ハ長調 G.324、op.30-6『マドリッドの夜の音楽』
2.弦楽五重奏曲第6番ホ長調 G.275、op.11-5
3.弦楽四重奏曲ト短調 G.205、op.32-5
4.ギター五重奏曲第6番ニ長調 G.448

カザルス四重奏団
アベル・トマス・レアルプ(ヴァイオリン)
ヴェラ・マルティナス・メーナー(ヴァイオリン)
ジョナサン・ブラウン(ヴィオラ)
アルノー・トーマス・レアルプ(第1チェロ:1、第2チェロ:2)
エッカルト・ルンゲ(第2チェロ:1、第1チェロ:2)
カールス・トレパット(ギター)
ダニエル・トゥンマー(カスタネット)

2013年6月 9日 (日)

ラテン・クラシックの情熱

なかなか雨の降らない6月です。これから暑くなってくると真空管のアンプの電源を入れるのかわりに携帯音楽プレイヤーで音楽を聴くことが多くなってきます。
今日はめずらしく書籍の紹介です。書店でたまたま手にしてパラパラとページをめくったら、これは面白いとレジにならびました。著者の渡辺和彦氏の文章は月刊都響でよく拝見していましたが、この「ラテン・クラシックの情熱」は、サブタイトルがスペイン・中南米・ギター・リュートとあるようにドイツ音楽から遠いところの音楽に関して記述しています。紹介されている曲はほとんどの曲が聴いたことのない曲ばかりですが、この本を読むと無性に聴いてみたくなってしまいます。ブリテンのヴァイオリン協奏曲が紹介されていたのはびっくり。

20130609
クラシック音楽のメインストリームから少し離れた位置にある
スペイン語とポルトガル語の音楽世界を紹介する最新刊
第一章 スペインを聴く
第二章 中南米を聴く
第三章 ギターとリュートを聴く

辛口なヴァイオリニストに関する著作も、今回のような切り口で出してもらいたいですね。

2013年6月 3日 (月)

ハイレゾ ドイツ・シャルプラッテン

ドイツ・シャルプラッテンレーベルの音源がダウンロードできると聞き、さっそくオトマール・スウィトナーのモーツァルトをダウンロードしてみました。ドイツ・シャルプラッテンは、キングから出ているハイパー・リマスタリング・シリーズを何枚か持っていますが、スウィトナーのモーツァルトはドレスデン・ボックスを持っているため、持っていません。期待に胸を膨らませてダウンロードしたのですが、演奏はもちろん素晴らしいのですが、価格に見合うだけの音質向上をあまり聴き取ることはできませんでした。10枚組のドレスデン・ボックスで充分に楽しめるようです。

10
モーツァルト
交響曲第41番
交響曲第32番
交響曲第34番

11
こちらがドレスデン・ボックス。モーツァルトだけでなくスッペやマーラーもお勧めです。値段の割に音も良いです。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »