2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 都響 プロムナード コンサート No.367(2016/3/19) | トップページ | L-550AXII 聴いてきました »

2016年4月 9日 (土)

諏訪内晶子 ヴァイオリン・リサイタル(2016/4/9)

諏訪内晶子さんのヴァイオリンを聴きに、横須賀へ行ってきました。今まで横須賀へ行くときは京急を使っていましたが、今回はJRで休日おでかけパスを使用しました。すこしだけお得でした。コンサートはモーツァルトではじまり、フランクで終わるという定番のプログラムでした。1曲目のモーツァルト和やかでいいですね。「ヴァイオリンと翔る」のベルクの協奏曲のところで、たしかモーツァルトのソナタを話題にしていたところがあり、諏訪内さんのモーツァルトの録音が待たれるところです。つぎのグリーグは一転して情熱的な演奏でした。休憩後の武満、すばらしい演奏でした。フランクはスケールの大きく、まるで大輪の花のような演奏でした。アンコールは2曲、クライスラーとラフマニノフ!どちらもCDでおなじみですが、ヴォカリーズでは感動のあまり、涙ぐんでいる人もいました。

2016年4月9日(土) 15:00
横須賀芸術劇場
ヴァイオリン:諏訪内晶子
ピアノ:エンリコ・パーチェ

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 Kv.305
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 Op.45
武満 徹:悲歌(エレジー)
フランク:ヴァイオリン・ソナタ

アンコール
クライスラー:クープランの様式による才たけた貴婦人
ラフマニノフ:ヴォカリーズ

Img_0124

« 都響 プロムナード コンサート No.367(2016/3/19) | トップページ | L-550AXII 聴いてきました »

コンサート鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218691/63464812

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪内晶子 ヴァイオリン・リサイタル(2016/4/9):

« 都響 プロムナード コンサート No.367(2016/3/19) | トップページ | L-550AXII 聴いてきました »