2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« ハーベスとの出会い(その1) | トップページ | エードリアン・ボールト チャイコフスキーからガーシュウィンまで »

2019年5月 4日 (土)

NASあれこれ

ドラゴンズの調子が悪くなってきました。個人的にはアルモンテが1軍にいてくれたらなぁと思っています。それと笠原投手が心配です。ここは同期の柳投手に頑張ってほしいものです。

さて、少し前に使用していたNAS(LS-V3.0TLJ)が壊れました。バックアップ用のNASを用意していたので事なきを得たのですが、NASについて一言。

バックアップ用のNASはバッファローのLS410です。しかしこれはFLACは再生されるのですが、WAVやAIFFが再生されませんでした。しかたなくデータのバックアップ用にしました。あとでわかったのですが、LS410にはTwonky Serverが搭載されていなかったようです。

次に用意したのは、WD CloudというNASです。これはTwonky Serverだったため WAVもAIFFも再生は問題ありません。音源の保存も速度が速く快適なNASです。唯一の欠点は、複数枚のCDをリッピングしたものの曲順がおかしくなるという点です。容量が6TBなので当分はこちらでいくつもりでした。

その後購入したのがSoundgenicの2TBモデルです。当初は複数枚のCDの曲順がおかしかったのですが、ファームのアップデートで正しくなりました。Soundgenicには主にハイレゾを保存して、CDP-9にUSB接続で使用しています。LAN接続もしているので、ネットワークプレイヤーからも利用できるのでとても便利です。

実はパイオニアのN-70aeを購入しようとしたのですが、生産完了で新品の購入は間に合いませんでした。そこで、ヨドバシのポイントアップで、Soundgenicの3TBモデルを購入してしまいました。こちらにはAIFFの音源を移行中です。WD Cloudよりもかなり音はいいですね。
81701_1

以前、NHKのクラシックカフェで放送されたベルティーニのマーラー4番が気になって購入しました。曲がまたがっているのでリッピングして聴いたほうが便利ですね。

« ハーベスとの出会い(その1) | トップページ | エードリアン・ボールト チャイコフスキーからガーシュウィンまで »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハーベスとの出会い(その1) | トップページ | エードリアン・ボールト チャイコフスキーからガーシュウィンまで »