2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月29日 (水)

ペーター・マーク モーツァルト名演集 SACD

NHKのBSプレミアムで放送している主任警部モース、とてもいいですね。主人公のモースはワーグナー好きですが、先日の放送ではモーツァルトのクラリネット協奏曲がかかっていました。最近手に入れたペーター・マークのSACDですが、プラハもいい演奏ですがクラリネット協奏曲がすばらしいです。マークの他の録音も気になってきました。スコットランドはすでに持っているので他の曲をさがしてみようかな。

368

2020年1月13日 (月)

ワルターのジークフリート牧歌

ワルターのイメージがモーツァルトだったのでワーグナーを聴いていなかったのですが、CDにセットして出てきた音楽にびっくり。この演奏はすばらしい。古い録音ですが、音もいいです。聴いたのはDSDリマスターと呼ばれている国内盤ですが、77枚のボックスよりも音が良いように感じました。どうもボックスの音は薄味のような気がしてきました。

Img_005

2020年1月 4日 (土)

ボスコフスキーのニューイヤーコンサート 1979

お正月に思い出すのはニューイヤーコンサートです。といっても実際に行ったのではなく、友人が子供のころいったのです。転校生のA君からお正月に泊まりに来ないかと言われて、音楽のことをいろいろ教わったときに実はニューイヤーコンサートに行ったことがあると言ったのです。当時はどれだけ凄いことかわからなかったのですが、絶対に他人に言わないでくれと頼みこまれました。あれから数十年、元気にしているでしょうか?今日聴いたのは、ボスコフスキーのニューイヤーコンサートです。デッカ初のデジタル録音と言われているものです。なかなか良い録音で、演奏はさすがですね。

002_20200104154501

2020年1月 2日 (木)

フランチェスカッティのベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

穏やかな午後、フランチェスカッティのベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲を聴いてみました。その昔フランチェスカッティは日本であまり人気がなかったようですが、雑誌ステレオでアッカルドの楽器についての記事があったので興味をもちました。フランチェスカッティのベートーヴェンいいですね。忘年会で先輩はムターとカラヤンのがいいと言っていましたが、フランチェスカッティを推薦したらちょっとびっくりしていました。今日聴いたのはボックスに収録されているものではなく、DSDリマスターの国内盤です。音はこちらのほうがいい気がしました。ヴァイオリンの音色がなんとも言えないですね。オケもいい響きをしています。DSDリマスターの国内盤は人気がないようですが、数年かけてコンプリートしました。


003

2020年1月 1日 (水)

新年に四季を聴く(2020)

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

期待の大きかったドラゴンズ、交流戦でまたしても大敗! しかしシーズン後半に一筋の光が見えた。今年こそ雄姿を見せてほしい。
さて恒例の四季ですが、今年は小澤征爾のものです。テラークの録音をFIMが32ビットでリマスターしたCDです。中古でお茶の水のユニオンで手に入れました。LPは聴いたことがないのですが、このCDは すばらしい音質です。81年の録音なので結構古いのですが、今までの四季の中で音質はトップではないでしょうか?ホールの音がしっかり入っています。ボストン交響楽団と小澤征爾は一度だけ聴いたことがあります。弦の音がふわっとしていて心地よかったですね。


0101

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »