無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

フルニエのブラームス・グリーグ

外出自粛中なのでせっせとリッピングしています。前回紹介したギレリスのボックスは17枚目のシューベルトがCDプレイヤーでは問題なく再生できるのに、なぜかリッピングできませんでした。試すこと10回以上でなんとかリッピングできました。
ギレリスのあとフルニエのボックスのリッピングに取り掛かり、やっと終了しました。ボックスの中の唯一のデジタル録音のブラームスとグリーグのソナタ集を聴いています。デジタル録音ですが音がとても生々しいです。左にチェロ右にピアノの音が拡がります。ジャケットもいい感じですね。

25

2020年4月19日 (日)

ギレリスのモーツァルト

ギレリスのDG録音ボックスの中からモーツァルトを聴いています。ギレリスはとかく「鋼鉄の」と日本の評論家に言われていましたが、最初に聴いたのは、このモーツァルトのザルツブルクのライブです。ちがうジャケットだった気がしますが、最初に購入したものは処分してしまいました。以前のCDに比べて音が多少まろやかになったようです。このアルバムでは8番の第2楽章が特にお気に入りです。
015
ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調 K.281
パイジェッロ『哲学者気取り』の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 ヘ長調 K.398
幻想曲ニ短調 K.397
ピアノ・ソナタ第8番イ短調 K.310



続いて協奏曲です。親子で弾いている2台のための協奏曲もいいのですが、27番がすばらしい。この演奏に出会うまでは、バックハウスとベームのアルバムを良く聴いていたのですが、いまではこちらのアルバムを一番聴いています。一部のレビューでは音が良くないとありますが、そんなことはありませんでした。輸入盤だからでしょうか。
016
ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
2台のピアノのための協奏曲変ホ長調 K.365

2020年4月10日 (金)

ヴァント ザ・グレイト・レコーディングス

3月上旬から都内へのお出かけを自粛しています。小学生の時に秋葉原デビューしたので、個人的に秋葉原に思い入れがあって月に数回行っていました。まずお茶の水のディスクユニオンによってCDを物色し、交差点を渡ってオーディオユニオンを覗いて駅に戻ってきます。淡路坂を下り、テレオンそしてダイナミックオーディオとショップ巡り。かつては石丸電気にも足を運んでいました。今は、かわりに線路の向こう側のヨドバシカメラが散歩コースに加わりました。自粛していると週末時間がたっぷりとれるので、たっぷり聴きこんでいます。最近聴いたのは、ヴァントのボックスからブルックナーを聴きました。それまでヴァントのCDを1枚も持っていなかったので、このボックスが発売されたときにはまよわず購入しました。ケースがとても大きいのでリッピングしてから聴いています。こうゆうときにネットワークオーディオはとても便利ですね。8番から聴き始めて、1日1曲で番号順に聴いていきました。録音状態もよく、弦の音がとてもしなやかです。いままでヴァントを全く聴いてこなかったのですが、このボックスは繰り返し聴くことのできるすばらしいボックスですね。1番と8番が特に良かったです。

Folder1

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »