無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コンサート鑑賞

2020年2月 8日 (土)

都響 プロムナード コンサート No.385(2020/2/8)

ヨドバシアキバによってからサントリーホールへ。ヨドバシはふだんの半分以下のお客さんの入りでした。海外のお客さんが少ないからでしょうか?3月以降にもポイントアップキャンペーンをやってほしい。
サントリーホールは多少の空席が見られましたが、コンサートは大盛り上がりでした。前半はリストが素晴らしかったです。後半はビゼー、フルートが絶品でした。こういう曲目のコンサート、またやってほしい。

2020年2月8日(土) 14:00
サントリーホール
小泉和裕指揮
東京都交響楽団

ヴェルディ:歌劇『運命の力』序曲
リスト:交響詩《レ・プレリュード》 S.97
ムソルグスキー:歌劇『ホヴァンシチナ』前奏曲「モスクワ河の夜明け」
ハチャトゥリャン:バレエ音楽《ガイーヌ》より「剣の舞」「バラの乙女達の踊り」「レズギンカ」
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 op.34
ビゼー:《アルルの女》組曲第2番


Img_0220

2019年11月23日 (土)

都響 プロムナード コンサート No.384(2019/11/23)

11月ですが急に寒くなってきました。 インバルのプロムナードを聴きにサントリーホールへ行ってきました。インバル人気でしょうか、チケットは完売とのことでした。ロシア・グレイテスト・ヒッツというテーマのコンサートでとても華やかなコンサートでした。特に名曲のパガニーニの主題による狂詩曲が良かったです。アンコールも心に染み入りました。

2019年11月23日(土) 14:00
サントリーホール
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
ピアノ:サスキア・ジョルジーニ

ショスタコーヴィチ:祝典序曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲

ソリストアンコール
プーランク:愛の小径

チャイコフスキー:幻想序曲《ロメオとジュリエット》
チャイコフスキー:祝典序曲《1812年》

Img_019301

2019年10月23日 (水)

正戸里佳 ヴァイオリン・リサイタル(2019/10/23)

大好きなヴァイオリニスト、正戸里佳さんのリサイタルに行ってきました。今回のプログラムはドイツものです。ほのかにブラームスの香りがする、ベートーヴェンの10番でリサイタルは始まりました。ほれぼれする演奏です。ピアノの岡田さんもすばらしい。お二人は下関などでベートーヴェンの全曲演奏会をすでに行っているとのことですが、それにしても息のあった演奏でした。休憩後のクロイツェルは火花の散るような演奏でしたが、品のある美しい演奏でした。おおいにパワーをもらいました。

2019年10月23日(水) 19:00
東京文化会館 小ホール
ヴァイオリン:正戸里佳
ピアノ:岡田将

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番
シューマン:幻想小曲集
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」

アンコール
ブラームス:歌の調べのように

Img_017601

2019年10月20日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.383(2019/10/20)

都響のプロムナードを聴きにサントリーホールへ。東からの風、南からの熱と題して曲目も多彩でとても楽しいコンサートでした。なかでも吉野さんのハープによるアランフェス協奏曲が良かったですね。ギターよりも音量がたっぷりとしていて、とても優雅な感じでした。アンコールも素晴らしい。

都響 プロムナード コンサート No.383(2019/10/20)

2019年10月20日(日) 14:00
サントリーホール
川瀬賢太郎指揮
東京都交響楽団
ハープ:吉野直子

スカルソープ:オセアニアより(2003)(日本初演)
J.シュトラウス2世:エジプト行進曲 op.335
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ハープ版)

ソリスト・アンコール
ワトキンス:火の踊り

伊福部 昭:交響譚詩
ラヴェル:ボレロ

Img_017501

2019年10月 8日 (火)

日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーンVol.11(2019/10/8)

テレビで放送された鳥羽さんのチェロを聴きにサントリーホールへ。鳥羽さんはサントリーホールデビューということでしたが、大成功ではないでしょうか。すばらしい演奏会でした。年齢を感じさせない表現力、たっぷりとした音量そして音色がとても素晴らしい。アンコールも良かったですね。天才少女のデビューに立ち会えてとてもうれしい。鳥羽さんの今後の活躍がとても楽しみです。日本フィルも以前に聴いていたころよりもパワーアップしているようで、平日の昼間でしたが聴きに行ってよかったです。

2019年10月8日(火) 13:30
サントリーホール
沼尻竜典指揮
日本フィルハーモニー交響楽団
チェロ:鳥羽咲音
ナビゲーター:政井マヤ

プロコフィエフ:バレエ音楽《ロメオとジュリエット》より
チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲

ソリスト・アンコール
プロコフィエフ:マーチ

ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》

アンコール
チャイコフスキー:組曲『くるみ割り人形』より「トレパーク」

Img_017401

2019年10月 5日 (土)

フレッシュ名曲コンサート 山田和樹/日本フィルハーモニー交響楽団(2019/10/5)

久しぶりにフレッシュ名曲コンサートを聴いてきました。立川のたましんRISURUホール、川崎から南武線で行きました。
有名な曲をずらりとならべて、まさに名曲コンサートでした。チャイコフスキーを演奏した荒井さん、人気者ですね。すばらしい演奏でした。いつかブルッフを聴いてみたいですね。休憩後のベートーヴェンはほのかにブラームスの香りがする演奏でした。

2019年10月5日(土) 15:00
たましんRISURUホール
山田和樹指揮
日本フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン:荒井里桜
シベリウス:交響詩《フィンランディア》
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》

アンコール
シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

0074

2019年6月 2日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.382(2019/6/2)

都響のプロムナードを聴きにサントリーホールへ行ってきました。今シーズンのプロムナードは五大陸音楽めぐりというもので、今日はアメリカがテーマのプログラムでした。三浦さんのヴァイオリンの音色がすばらしかったコルンゴルトのヴァイオリン協奏曲とても良かったです。アンコールはまさに超絶技巧で観客から多くのためいきが出ていました。次回のプロムナードは10月に行われ、アランフェス協奏曲がハープで演奏されるようです。こちらも楽しみですね。

2019年6月2日(日) 14:00
サントリーホール
アンドリュー・リットン指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:三浦文彰

ロウ(コウレッジ編曲):ミュージカル『マイ・フェア・レディ』序曲
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲

ソリスト・アンコール
パガニーニ:「ネル・コル・ピウ」の主題による変奏曲より

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95 B.178《新世界より》
R001002901_1

2019年4月 6日 (土)

都響・八王子シリーズ(2019/4/6)

米元さんのチャイコフスキーを聴きに八王子へ行ってきました。東京駅から乗り換えなしで行けたので、それほど時間はかかりませんでした。ホールも駅から近くてきれいな印象を持ちました。さて米元さんのチャイコフスキー、楽器の音色が良かったですね。かつてブラームスの協奏曲を聴いたときの輝きをそのままに、さらに円熟した演奏でした。休憩後の交響曲は客席にいらして鑑賞されていました。小泉さんの交響曲、大いに盛り上がりました。

2019年4月6日(土) 14:00
オリンパスホール八王子
小泉和裕指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:米元響子

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36


322521

2019年3月17日 (日)

都響スペシャル(2019/3/17)

インバルのブルックナーを聴きにサントリーホールへ。時間があったので、アキバヨドバシによって、話題のGR3を触ってみる。値段の割に質感が..と思っていたら、ネットでは背面のボタンが傾いてると話題沸騰中、たしかに傾いていますね。気になる人は気になっちゃいますね。

久しぶりに聴くインバルでしたが、今までで一番良かったです。快速のブルックナーでしたが、快速と感じさせないすばらしい演奏でした、金管と弦もすばらしい。拍手も盛大でした。

2019年3月17日(日) 14:00
サントリーホール
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団

ブルックナー:交響曲第8番

2019年3月 2日 (土)

米元響子 ヴァイオリン・リサイタル(2019/3/2)

午前中は横浜のCP+でカメラの祭典を楽しんできました。キヤノンブースのニュージーランドの写真は見事でしたねぇ。マインドシフトギアなどの用品のカタログを収集してきました。

午後は楽しみにしていた米元さんのコンサートです。モーツァルトで始まったコンサート、菊池さんのピアノが絶品でした。また、久しぶりに聴く米元さんのヴァイオリンも音色が大変すばらしい。あっという間のコンサートでした。もちろん発売されたイザイのSACDもゲットしました。八王子のチャイコフスキーもますます楽しみになってきました。

2019年3月2日(土) 14:00
浜離宮朝日ホール
ヴァイオリン:米元響子
ピアノ:菊池洋子
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第32番 ヘ長調 K.376
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第4番 ホ短調 Op.27-4
イザイ:ポエム・エレジアック Op.12
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第6番 ホ長調 Op.27-6
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第40番 変ロ長調 K.454
モーツァルト:第42番 イ長調 K.526
アンコール
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ハ長調(未完)より第1楽章
クライスラー:テンポ・ディ・メヌエット

より以前の記事一覧