2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

コンサート鑑賞

2016年11月19日 (土)

CHANEL Pygmalion Days 城戸かれん(2016/11/19)

城戸かれんさんのヴァイオリンを聴きに銀座のシャネルに行ってきました。少し早く着いたので、サウンドクリエイト レガートでBrodmannを聴いてみました。生活に溶け込むようなサウンドが印象的でした。サウンドクリエイト レガートは居心地がとてもよいショップですね。
城戸かれんさん、むずかしい曲を見事に演奏してくれました。いつかレスピーギを聴いてみたいです。

2016年11月19日(土) 17:00
CHANEL NEXUS HALL
ヴァイオリン:城戸かれん
ピアノ:阪田知樹

グラナドス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1楽章
カプースチン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」より行進曲
グルック:精霊の踊り
パガニーニ:「こんなに胸騒ぎが」による変奏曲

アンコール
ポンセ:エストレリータ

2016年11月 3日 (木)

都響 プロムナード コンサート No.371(2016/11/3)

はやいものでもう11月になってしまいました。本日の都響のプロムナードは小泉さんの都響デビュー40周年を記念したコンサートでした。1曲目のレ・プレリュードから熱気が伝わってきます。ピアノ協奏曲のソリストは反田恭平さん、ガトーのような髪型で登場しました。とてもゴージャスな響きです。いつかチャイコフスキーを聴いてみたいです。おしまいの交響曲は、この時期心に染み入ります。このところロストロポーヴィチ&ロンドン・フィルの全集やカラヤンの70年代にEMIで録音したもの(ラヴェルやドヴォルザークなどとのボックス)を立て続けに購入してしまいました。

2016年11月3日(木) 14:00
サントリーホール
小泉和裕指揮
東京都交響楽団
ピアノ:反田恭平

リスト:交響詩《レ・プレリュード》
リスト:ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー:交響曲第4番

2016年10月10日 (月)

フレッシュ名曲コンサート 藤岡幸夫×東京都交響楽団(2016/10/10)

いつの間にか10月になってしまいました。毎年この時期は、高橋の手帳を買うのが恒例です。来年の予定をあーでもないこーでもないと考えるのが、結構楽しいのです。そんな10月ですが、都響がフレッシュ名曲コンサートに出るというので、聴いてきました。ソリストは坪井夏美です。坪井さんを聴くのは初めてでしたが、チャイコフスキー良かったですね。だんだんと盛り上げていって、最終楽章がひときわ輝いておりました。休憩後の田園も、都響ならではの演奏を楽しめました。

2016年10月10日(月) 15:00
江戸川区総合文化センター 大ホール
藤岡幸夫指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:坪井夏美

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 op.68《田園》

アンコール
エルガー:夕べの歌

2016年9月25日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.370(2016/9/25)

都響のプロムナードコンサートに行ってきました。本日のプログラムは、すべてモーツァルトで前半に交響曲29番と2台のピアノのための協奏曲、後半がピアノ協奏曲第23番という構成でした。都響はマーラーやブルックナーの大曲もすばらしいのですが、モーツァルトも良いです。レヴィンさんの指揮ぶりも曲にあっていて、心温まるコンサートでした。

2016年9月25日(日) 14:00
サントリーホール
ロバート・レヴィン指揮とピアノ
東京都交響楽団
ピアノ:ヤーフェイ・チャン *

モーツァルト:交響曲第29番
モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 *
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番

2016年9月10日 (土)

インバル80歳記念/都響デビュー25周年記念(2016/9/10)

今年から始まった午後の2時からの都響のC定期、土日だけなら会員になったのだけれど、平日があるため会員になりませんでした。しかし、今日のプログラムは何としても聴こうと思っていました。プログラムはエルガーのチェロ協奏曲とシューベルトのグレート、チェロはターニャ・テツラフ、指揮はインバルです。
1曲目のエルガーは、ソリストの音量もたっぷりですばらしい演奏でした。アンコールのバッハも見事でした。休憩後のグレート、出だしからすばらしい演奏です。管も弦も、みなさんすばらしいです。今日の演奏はNHKが収録していたようで、後日FMで放送するようです。こちらも楽しみですね。

2016年9月10日(土) 14:00
東京芸術劇場
エリアフ・インバル指揮
東京都交響楽団
チェロ:ターニャ・テツラフ

エルガー:チェロ協奏曲

ソリストアンコール
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 ハ長調 BWV 1009よりサラバンド

シューベルト:交響曲第8番《ザ・グレート》

08

2016年8月11日 (木)

山の日スペシャル 服部百音 世界への挑戦コンサート!(2016/8/11)

服部百音さんのヴァイオリンを聴きに大船の鎌倉芸術館に行ってきました。服部百音さんは、2009年のヴァイオリン・フェスタ・トウキョウで聴いたことがあります。そのときもすばらしい才能を感じさせる演奏でしたが、今日の演奏も見事でした。アンコールのパガニーニも素晴らしかったです。ヴィエニャフスキの途中で着信音のようなものが響いたのが残念でした。

2016年8月11日(木) 14:00
鎌倉芸術館
太田雅音指揮
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン:服部百音

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
ヴィエニャフスキ:ヴァイオリン協奏曲第1番
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番

アンコール
パガニーニ:24のカプリスより 第17番

07

2016年7月24日 (日)

都響スペシャル(2016/7/24)

2011年の都響スペシャルでのすばらしいブラームスが忘れられなくて、今日のコンサートはかなり前から大いに楽しみにしておりました。まずはモーツァルト、出だしからすばらしい音です。休憩後のマーラーは、それこそ歴史にのこるような、名演でした。以前も書いたのですが、都響がまるで海外のオーケストラになってしまったかのようなすばらしい演奏でした。インバルのマーラーもすばらしいですが、今日のギルバートとのマーラーもすばらしい!!
終演後の拍手も海外オーケストラのようでした。都響、本当にすごいでした。

2016年7月24日(日) 14:00
サントリーホール
アラン・ギルバート指揮
東京都交響楽団

モーツァルト:交響曲第25番
マーラー:交響曲第5番

2016年7月18日 (月)

都響 プロムナード コンサート No.369(2016/7/18)

最近、鉄道とデジカメに目覚めてしまいブログの更新が遅れています。今日は都響のプロムナードです。珍しいプログラムでしたが、須川さんの演奏がとても素晴らしくて、大いに楽しめました。プロムナードはアンコールをあまりやらないのですが、今日はオリンピックにちなんだ曲もあり、なかなかの盛り上がりでした。オケもいい音でした。さあ、来週いよいよ都響スペシャルだ。

2016年7月18日(月) 14:00
サントリーホール
ミゲル・ハース=ベドヤ 指揮
東京都交響楽団
サクソフォン:須川展也

ヒナステラ:バレエ組曲《エスタンシア》
ファジル・サイ :アルトサクソフォンと管弦楽のための《バラード》

ソリストアンコール
ファジル・サイ:組曲~アルトサクソフォンとピアノのための op.55より第1楽章

ピアソラ:タンガーゾ(ブエノスアイレス変奏曲)
ラヴェル:ラ・ヴァルス

アンコール
J.ウィリアムズ:オリンピック・ファンファーレとテーマ

2016年5月30日 (月)

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団(2016/5/30)

諏訪内晶子さんのチャイコフスキーを聴きにサントリーホールへ行ってきました。ホールに入ると、スポンサーの富士通の社員がたくさんいて、少しばかりものものしかったです。期待したチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ですが、実に堂々とした演奏でした。ただ2007年にパリ管弦楽団との演奏が素晴らしすぎたので、少しばかりものたりなかったのも事実です。

2016年5月30日(月) 19:00
サントリーホール
ユーリ・テミルカーノフ指揮
サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団
ヴァイオリン:諏訪内晶子

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

アンコール
エルガー:『エニグマ(謎)』から「ニムロッド」

2016年5月22日 (日)

都響 プロムナード コンサート No.368(2016/5/22)

あっという間に五月ですね。初夏の陽光の中、都響のプロムナードを聴きにサントリーホールへ行ってきました。1曲目のシベリウスのカレリア組曲、この曲大好きでマリナーのものをよく聴いているのですが、本日の都響も負けず劣らずどころか、良かったです。続いては、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。ソリストはヴィルデ・フラングさん、北欧の妖精とのことでしたが、確かに妖精のようなヴァイオリニストでした。いつかシベリウスの協奏曲を聴いてみたいですね。休憩後のラフマニノフは、都響が一段と見事な演奏をしてくれました。
ドラゴンズ、吉見が復活の勝利!このまま無事にいってほしいですね。

2016年5月22日(日) 14:00
サントリーホール
クリスチャン・ヤルヴィ指揮
東京都交響楽団
ヴァイオリン:ヴィルデ・フラング

シベリウス:《カレリア》組曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64

ソリストアンコール
ノルウェー民謡より「VESLE-FRIKK」

ラフマニノフ:交響的舞曲

より以前の記事一覧