2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

オーディオ

2020年1月13日 (月)

ワルターのジークフリート牧歌

ワルターのイメージがモーツァルトだったのでワーグナーを聴いていなかったのですが、CDにセットして出てきた音楽にびっくり。この演奏はすばらしい。古い録音ですが、音もいいです。聴いたのはDSDリマスターと呼ばれている国内盤ですが、77枚のボックスよりも音が良いように感じました。どうもボックスの音は薄味のような気がしてきました。

Img_005

2020年1月 4日 (土)

ボスコフスキーのニューイヤーコンサート 1979

お正月に思い出すのはニューイヤーコンサートです。といっても実際に行ったのではなく、友人が子供のころいったのです。転校生のA君からお正月に泊まりに来ないかと言われて、音楽のことをいろいろ教わったときに実はニューイヤーコンサートに行ったことがあると言ったのです。当時はどれだけ凄いことかわからなかったのですが、絶対に他人に言わないでくれと頼みこまれました。あれから数十年、元気にしているでしょうか?今日聴いたのは、ボスコフスキーのニューイヤーコンサートです。デッカ初のデジタル録音と言われているものです。なかなか良い録音で、演奏はさすがですね。

002_20200104154501

2020年1月 2日 (木)

フランチェスカッティのベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

穏やかな午後、フランチェスカッティのベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲を聴いてみました。その昔フランチェスカッティは日本であまり人気がなかったようですが、雑誌ステレオでアッカルドの楽器についての記事があったので興味をもちました。フランチェスカッティのベートーヴェンいいですね。忘年会で先輩はムターとカラヤンのがいいと言っていましたが、フランチェスカッティを推薦したらちょっとびっくりしていました。今日聴いたのはボックスに収録されているものではなく、DSDリマスターの国内盤です。音はこちらのほうがいい気がしました。ヴァイオリンの音色がなんとも言えないですね。オケもいい響きをしています。DSDリマスターの国内盤は人気がないようですが、数年かけてコンプリートしました。


003

2020年1月 1日 (水)

新年に四季を聴く(2020)

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

期待の大きかったドラゴンズ、交流戦でまたしても大敗! しかしシーズン後半に一筋の光が見えた。今年こそ雄姿を見せてほしい。
さて恒例の四季ですが、今年は小澤征爾のものです。テラークの録音をFIMが32ビットでリマスターしたCDです。中古でお茶の水のユニオンで手に入れました。LPは聴いたことがないのですが、このCDは すばらしい音質です。81年の録音なので結構古いのですが、今までの四季の中で音質はトップではないでしょうか?ホールの音がしっかり入っています。ボストン交響楽団と小澤征爾は一度だけ聴いたことがあります。弦の音がふわっとしていて心地よかったですね。


0101

2019年12月31日 (火)

ブルーノ・ワルター ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション

はやいもので2019年も今日で終わりです。いろいろ旅行しましたが、萩にまたゆっくり行きたいですね。今年はボックスの購入はワルターのみです。このボックスは満足度が高いボックスですね。ネットでざわついている傷は大丈夫でした。SACDはモーツァルトのみ購入して、しばらく様子見ですね。

最後になりましたが、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。それでは、よいお年をお迎えください。
ステレオ録音の第9を聴きながら。

190759232422

2019年12月14日 (土)

ハーベスとの出会い(その4)

さあ困った。エレクタアマトールがこんなにも素晴らしいなんて。だけど冷静になって英国製スピーカーを購入するという当初の目的を思い出しました。試聴の結果はスターリング、HL Compact 、HL5の順に心地よい感じがしました。けれどもどういうわけか購入したのはHL5でした。購入後は低音が出ないとか音が古いとか感じたりしたこともありましたが、現在はとても気に入っています。

下のジャケットは買いなおしたデッカレジェンドのマリナーの弦楽セレナードです。特にチャイコフスキーの第1楽章がお気に入りです。

14601

2019年12月 1日 (日)

ハイティンクのブルックナー

今年の夏に生中継されたザルツブルク音楽祭のハイティンクのブルックナー7番がNHK BS4Kで放送されます。生中継の時は、アックスが演奏したベートーヴェンのピアノ協奏曲に地震放送のテロップが流れてしまったため放送が待ち望まれていました。12月2日の20時からです。再放送は12月9日の10時からです。

24401

こちらはハイティンクが若い頃に録音したブルックナー全集です。ハイレゾのブルーレイが付属しています。7番を聴いたのですがとても良かったです。

2019年11月17日 (日)

ギレリスの協奏曲・ソナタ集

Windows 7がサポート終了ということで、あわててデスクトップPCを購入。最初に購入したのはマックだったのでWindowsは詳しくないのですが、デスクトップはWindowsにしています。日曜日セットアップして、あとはデータを移すのみ。ここでピアノを聴きます。

少し前にNHK FMクラシックカフェでチャイコフスキーのピアノ協奏曲が放送されました。車のFMで聴いていたのですが聴き惚れてしまう素晴らしい演奏でした。それからあちこち探したのですが、なかなかなくてやっと入手できました。この協奏曲・ソナタ集ですが、チャイコフスキーももちろんいいのですが、3枚目に収録されているバッハが絶品でした。雑誌ではギレリスというと鋼鉄のイメージですが、このバッハはすばらしい。
Folder01

2019年11月 9日 (土)

ウォークマン NW-A56HN 購入しました

西日本遠征のおともに、ひさしぶりにウォークマンを購入してしまいました。ノイズキャンセルイヤホンつきで32GBのモデルです。ウォークマンを購入するのはカセットのWM-D6以来でしたが、これは購入して大正解でした。ZX300Gと迷ったのですがFMがついているのでこちらのモデルにしました。主にハイレゾを聴いているのですが、厚みのある音ですっかり魅了されました。付属のイヤホンもいい音です。新モデルの発売前だったため値段も下がりいい買い物でした。

1978179

2019年11月 3日 (日)

第43回マラソン試聴会

ダイナミックオーディオのマラソン試聴会に行ってきました。「音楽のライフスタイル」では、ストリーミングを利用したデモでしたが、ウィルソンのTune Totが素晴らしい音でなっていました。これはいいですね。
「シンプルな組み合わせの愉しみ」では、ラックスのD-10Xが素晴らしい。これは上りのCDプレイヤーになるかもしれません。MQAにも対応しているようです。詳細は金曜日に発表とのことでした。
期待していたElecta Amator III はアンプがプリメインだったためか、いまひとつに感じました。

R001008401

より以前の記事一覧