無料ブログはココログ

HMV ONLINE

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オーディオ

2020年7月 4日 (土)

アンネ=ゾフィー・ムター初期録音集

東京中日スポーツを買った日はドラゴンズが負けるというジンクスがありまして、昨日はそのようになってしまった。今日は勝ってほしいですね。さて以前先輩からムターのベートーヴェンの協奏曲をすすめられていたのですが、ポイントがたまったのでブルーレイ付きのものを購入しました。ブルッフ、モーツァルトの5番と聴いてベートーヴェンを聴いています。若いころの演奏ですが堂々とした演奏でヴァイオリンの音色がとてもいいです。カラヤン指揮のオーケストラもさすがの響きです。HMVのユーザーレビューの一部ではブルーレイの音が良くないとありましたが、そんなことは全くなかったです。ムター、元気になられたようで良かったです。
93001
Disc1
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』
プロコフィエフ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op.115

Disc2
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61

Disc3
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26

【BDオーディオ】(協奏曲のみ収録)
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26

2020年6月28日 (日)

バルビローリのペールギュント

年内の都響のプロムナードのコンサートが中止になってしまった。しかたのないことだといえ残念!天気も悪いので先日とどいたバルビローリのボックスのなかからCD65のグリーグを聴いています。バルビローリのボックスはシベリウスやブラームスなどダブりがありましたが、思い切って購入、このグリーグは持っていなかったので楽しみに聴いてみたのですが、かなり音が良いですね。弦の音が心地よいです。ドラゴンズ平田選手の活躍で連敗を止めました。今日もぜひ活躍してほしい。

010
グリーグ
劇付随音楽『ペール・ギュント』(抜粋)
抒情組曲 Op.54
1組曲『十字軍の王シグール』 Op.56より「忠誠行進曲」

2020年6月21日 (日)

アリシア・デ・ラローチャのバッハ

ドラゴンズの調子が良さそうです。。元ロッテの里崎さんも1位予想しているように、ひょっとしたらと思わせる開幕の3試合でした。連戦スケジュールですがなんとか頑張ってほしい。先週に引き続いてラローチャを聴いています。デッカの41枚組のボックスの中からバッハです。ラローチャのピアノはミニマ・ヴィンテージで聴くととても心地よいですね。有名なイタリア協奏曲ですがブレンデルを今まで聴いてきましたが、ラローチャの音色もいいですね。四季島の振替の案内が届いたけどどうしようか迷っています。

006
イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971
フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV817
幻想曲 ハ短調 BWV906
イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807
最愛のイエス、われらここにあり BWV.731
汝の慈愛によりてわれらを死なしめたまえ(カンタータ 第22番 BWV22から)
シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 BWV1004 

2020年6月13日 (土)

アリシア・デ・ラローチャのモーツァルトのピアノ協奏曲

アリシア・デ・ラローチャのモーツァルトのピアノ協奏曲はコリン・デイヴィスとの録音が有名ですが、このショルティとのディスクもいいです。1977年の録音ですがエンジニアがケネス・ウィルキンソン、古さを感じさせません。ショルティの指揮するオケの音もいい音で録音されています。隠れた名盤ですね。

2
ピアノ協奏曲第25番
ピアノ協奏曲第27番
ゲオルグ・ショルティ指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
録音時期:1977年12月
録音場所:ロンドン、キングスウェイ・ホール

2020年6月 7日 (日)

マリナーのノスタルジック・コンサート

たくさんの録音を残したマリナーですが、その中からの小品集です。30年以上前に購入したディスクですが、マリナーのディスクの中ではこれが一番好きなディスクですね。フィリップス時代の録音なので音も素晴らしいです。毎年この時期になるとなぜか聴きたくなります。春初めてのカッコウを聞いてから~オーベルニュの歌~バイレロまでの流れが特に好きです。ソプラノのカリタ・マッティラもこのディスクではじめて聴きました。

Img_20200607112701

ファサード第2組曲~ポピュラー・ソング(ウォルトン)
ブラジル風バッハ第5番~アリア(ヴィラ=ロボス)
恋は魔術師~火祭りの踊り(ファリャ)
ジムノペディ第1番(サティ/ドビュッシー編)
春初めてのカッコウを聞いて(ディーリアス)
ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
『グリーンスリーヴズ』による幻想曲(ヴォーン・ウィリアムズ/R.グリーウズ編)
オーベルニュの歌~バイレロ(カントルーブ)
ファサード第1組曲~ポルカ(ウォルトン)
弦楽のためのアダージョ(バーバー)
シンプル・シンフォニー~陽気なピッツィカート(ブリテン)
ジムノペディ第3番(サティ/ドビュッシー編
録音時期:1986年4月
録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール 

2020年5月31日 (日)

スティーヴン・コヴァセヴィッチのモーツァルト ピアノ協奏曲

スティーヴン・コヴァセヴィッチのボックスのリッピングがやっと終了した。オリジナルジャケットなので1枚ずつスキャニングするのが大変だった。このボックスはコヴァセヴィッチがフィリップス時代の録音だが、演奏がすばらしい。なかでもペンギンガイドでロゼッタマークをもらったモーツァルトのピアノ協奏曲第21番と25番のディスクがとてもいい。このところミニマ・ヴィンテージで聴いていたのだが、ハーベスのHL-5でピアノとオケの響きを堪能した。

18

2020年5月24日 (日)

アニー・フィッシャーのベートーヴェン

8:2の割合でミニマ・ヴィンテージで聴いています。最近はピアノ曲を聴くことが多くなってきました。ボールトとのモーツァルトが良かったので購入したのがこちらのベートーヴェンです。糊付けされた紙袋からとりだすのが大変でしたが、ピアノの音が美しかったです。グリモーとはタイプが違いますが、このピアニストもお気に入りです。

66701

2020年5月16日 (土)

エレーヌ・グリモー ワーナー録音集

いままで購入したCDをせっせとリッピングしています。先日はグリモーのエラート時代のものをリッピングしました。6枚で2,000円以下なのでかなりお得なCDです。ダブりも1枚もなかったです。演奏はもちろんのこと録音も良く、ミニマ・ヴィンテージで聴くグリモーのピアノは心地よいものでした。
32

2020年5月10日 (日)

渡辺玲子さんのマイ・フェイヴァリッツ

毎年数回北海道に行っていますが、今年は1月に行ったきりです。これからの季節良いのですが、残念。そこで以前北海道に行った時の思い出です。北海道と言えばラーメン、信玄というお店のラーメンが好きです。スタンプカードがあるのですが昨年10スタンプたまりました。いつだったか、きゃりーぱみゅぱみゅを見かけたこともあります。

Img_0047


信玄から札幌駅に行く途中にオーディオショップ「CAVIN大阪屋 」があります。そこで購入したのが渡辺玲子さんのマイ・フェイヴァリッツ。このディスクは演奏・録音とも大変すばらしいです。特に4曲目のパガニーニが絶品です。廃盤のようなのでハイレゾで配信していただけないでしょうか。

4162x4dsenl_ac_
ヴィエニャフスキ:創作主題による変奏曲
グルック/クライスラー:メロディ(精霊の踊り)
タルティーニ/クライスラー:ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
パガニーニ:「うつろな心」(ネル・コル・ピウ)による主題と変奏曲
コルンゴルト:組曲「空騒ぎ」作品11 花嫁の部屋の乙女
コルンゴルト:組曲「空騒ぎ」作品11 ドグベリーとヴァージェス(夜警の行進)
コルンゴルト:組曲「空騒ぎ」作品11 庭園の場
コルンゴルト:組曲「空騒ぎ」作品11 仮面舞踏会(ホーンパイプ)
マスネ:瞑想曲-歌劇「タイス」から

2020年5月 9日 (土)

ピリスのモーツァルト ピアノ協奏曲19番

少し前に購入したピリスのエラート録音集のボックスの中の5枚目を聴いています。以前のモーツァルト協奏曲集とダブりですが、シモーネとの27番や他の曲が欲しかったために購入しました。モーツァルトのピアノ協奏曲は20番から管弦楽が劇的になってくるのですが、19番はおだやかですがとてもいい曲だと思います。このエラートでの録音ですが第2楽章で鳥のさえずりのようなものが良く聞こえます。それからK.511のロンドでは車の走行音のようなものが聞こえてきます。アナログ時代の録音ですが、雰囲気のある録音で演奏もいいのでお勧めのボックスですね。
Folder

より以前の記事一覧